09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

やんぬるかな68 

やんぬるかな68  工藤泰子
前回は、金子敦さんの第五句集「音譜」から、次の句を紹介した。
噴水はまこと大きな感嘆符  金子敦
 FB(フェイスブック)では、猫好き俳人?の括りで交流がある。(金子すずちゃん&工藤空・工藤海・・)
さて、「感嘆符!」と言ってのけた「噴水」は他の句集では、こう語られた。
待ち人は来ず噴水は繰り返す 敦
噴水の音と重なるわが鼓動  〃
以前、山陽新聞のコラム「滴一滴」に彼の次の句を発見し、すぐにお知らせしたが、もちろんすでにご存知であった。さすがスイーツ王子だけあって甘い仕立ての作品だ。カラフルなマーブルチョコと夏休みの取り合わせは実に楽しく、どの子にもキラキラした一日が、次々と箱から飛び出してくるようだ。
夏休みマーブルチョコの赤青黄 句集「冬夕焼」  
プロフィール;金子 敦(かねこ あつし)1959年、横浜市生まれ。未来塾俳句教室講師。「出航」会員。句集『猫』『砂糖壺(第11回 俳壇賞受賞)』『冬夕焼』『乗船券』『音譜』 好きなもの・猫、スイーツ、漫画、カラオケ、書道、百均、その他いろいろ。
「ラスカル」「あっちゃん」の呼び名で、抜群な人気!もちろん俳誌でも、有名な俳人である。その人脈も、杉山久子さん、鈴木茂雄さんなど多彩で、チャットを垣間見ていると、俳句界の「今!」を体感できる。
 句集は手に入らないので、鈴木さんや他の人の評論から、5つの句集を、覗き見させてもらった。
 第1句集「猫」
 ボールペンの先端は球鳥渡る
 折紙の裏は真つ白昼寝覚
 方眼紙にみづいろの罫小鳥来る
 朝蟬や練乳缶に穴二つ
蝉の穴と練乳缶の穴!穴の一つは空気穴である。どの句も好奇心の強い猫のような発見に驚く。
第2句集「砂糖壺」
鈴木茂雄さんの評によると、句集のタイトルは第11回俳壇賞受賞の作品「砂糖壷のなかに小さき春の山」に由来しているそうだ。ここでは、「夕焼」の作品を3つ選んだ。今まで、何気なく見ていた“夕焼”が、とてつもなく不思議なものに思える。太陽が沈む頃、青色光は拡散され、波長の長い赤色光だけが、地上に到達するために起る現象なのだ。闇の始まる前に!
夕焼や蹴るには大き過ぎる石
夕焼やきのふのやうな少年期
夕焼のはみ出してゐる水たまり
 これらは“夕焼”との関係で必然性を持つことになった。どの句を見ても、口調はやさしいのに、いつのまにか深く、核心まで導かれてしまう。これこそは新しい俳句の方向性ではないかと感じ入った。
いい人と言はれて淋し水中花
月白や手紙のやうにガム渡す
蜻蛉の風をほどいてゆきにけり
CLOSEの木札かたんと鳥渡る
戻り来し猫の足拭く十三夜
 さて猫好き作家の猫ぎみ!十三夜の季語が絶妙だ。足拭く・・これも多くを想像させた。
第3句集「冬夕焼」
   吸飲みに残りし水や冬夕焼
「2006年、金子さんのご母堂が逝去された。この作品はその遺品のひとつを詠んだものである。巧みな心象風景の句であるが、ここには小手先の技巧は微塵も感じられない。こころの奥底から出たはだかの言葉だからである。(栞・鈴木茂雄)」
   永遠に消えない虹を分かちあふ
   少年の吾に呼ばるる草いきれ
   大いなる花野の果ての無人駅
第4句集「乗船券」
   月の舟の乗船券を渡さるる
 いったいどんな「乗船券」なのか?
「月光のかけらのやうな竹落葉」という句や次の句も気になるところだ。
   望の夜や母の遺影を窓に置き
   満月の向かう側より呼ばれけり
天上の母が落とせし木の実とも
 この句集の評は、故澤田和哉さんの(敢て彼が言うところの)「誤訳『乗船券』」を紹介したい。
実は4年前、澤田さんとは、与謝蕪村顕彰の表彰を受けた時、受賞した人たちと一緒にカレーライスを食べた、という、浅からぬ縁があった。
とりあえず、二人の作品だけを紹介しよう。
     京都府知事賞
はんざきの口水平にあいてをり  工藤泰子
     宇多喜代子賞
豚肉のぷるぷるしたる大暑かな  澤田和弥
二年前のこと、若手俳人として活躍されていた澤田さんの訃報をFBで知った。それで、「誤読」という評論があることも判った。彼は言う。
【「乗船券」は「死」の世界の切符ではあるまいか】
この強い言葉には、彼のダイイングメッセージも込められていたのだったのではないか。
さあ、そこは払拭し、新しい夜明けを見つけよう。
「新涼や帆船の絵の切手貼り 敦」!

 さて、最新のフランス堂から出版された第5句集も、人気だそうだ。さすがにプロ顔負けのカラオケ名人は、句集「音譜」にその要素をぎっしり盛り込んでいる。「音譜!」と「言葉!」を繋ぐものは?五線譜と五七五の出会いを楽しもう。
 噴水の高低、緩急、リズムを思い出そう。夕焼の移り行く色を思い出そう。音と調べのドラマを・・。
第5句集「音譜」
白南風や楽譜に大きフォルティシモ
 ハーモニカにあまたの窓や若葉風
 シンバルの連打のやうな残暑かな
 十二月八日やシュレッダーの音
 春を待つ八分音符に小さき羽
 トランペットより薫風の生まれけり
 ティンパニを叩けば風の光り出す
 楽団の荷に弾みたる木の実かな
 葱提げてピアノ奏者の帰りけり
 るるるるとららららららと萩こぼる
 これらの敦ワールドで“ぷにょぷにょ”に癒された後は、月のBGMを聞きながら、猫と過そう。
  猫の尾のしなやかに月打ちにけり  敦
「猫俳句パラダイス」より
  月を見るひとりは猫を見てをりぬ  敦
さすがに、月と猫は切り離せない。
  
            やんぬるかな!

Posted on 2017/08/24 Thu. 10:55 [edit]

category: やんぬるかな

TB: 0    CM: 0

24

滑稽俳句NO108 

雷光は軽く雷音は重く   泰子
DSC_2796.jpg
  ・・・痩せつぽっちが怒鳴りゃ大声   (八木健)

Posted on 2017/08/23 Wed. 09:22 [edit]

category: 俳句

TB: 0    CM: 0

23

沙美海水浴場2017 

DSC_2748.jpg
DSC_2749.jpg
渚百選の沙美海岸です。海の家が三軒あります。テントを張れるスペースもあります。若者がバーベキューを楽しんでいました。昔と少し、海水浴場の楽しみ方が変わって来たように思います。昔はよくスイカ割をしたものです。天気がいまいちで、海と空の色がきれいに撮れませんでした。

Posted on 2017/08/09 Wed. 07:22 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

09

遥照8月号2017 

                     DSC_0461.jpg
源流として一山の滴れる        佐藤宗生
誘惑の雨にでで虫角を出す      花房柊林
湖の風捉へて傾ぐ花菖蒲        甲斐梶朗
花桐やかつてお籠のゆきし坂      石津淡紅
桐の花箪笥の底に妣のふみ       中西八千代
朝風に弁の達者な行々子        牧明子
日輪のひねもす黄なり霾の峡      竹地恵美
汚れ無き白一面の花菖蒲        山崎靖子
昼月に見つめられつつ袋掛       古川澄子
凌霄の花ほろほろと言葉めく      森脇八重
干し竿に風の野良着や半夏生      原房枝
写生する葉付きの枇杷の毛むくじゃら  森靖子
母と子の影を見送る大夕焼        大野雅子
うどんげや泰平の世へ願いこめ      大室滝子
窓越しの照り身におよぶ夏盛り     山下和子
半夏生猫の個展に一目ぼれ       長畦恭子
今日ここと決めて断捨離梅雨ごもり    石井弘子
あんな日もこんな日もあり立葵     藤沢絹子 
炎天に気をつけしたるシャツ干さる   虫明有菜
山間いの トンネルぬけて星明り    徳永保美
とほい日の下駄ある暮らし桐の花   久戸瀬孝子
学校に慣れて蓬は木となれり      土屋鋭喜
海の日に辿る航跡空母加賀       山下卓郎
猫の手は借らずともよし田植かな    浅野陽
ひとまはり若くなりたる夏帽子      南みどり  
海の日やビギンの唄を口ずさみ     工藤泰子

Posted on 2017/08/04 Fri. 07:54 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

04

猫にスキャット27 

猫娘
 2010・ねこ娘年              
 「道木第7組合」秋のバス旅行は、「鳥取花回廊」「皆生温泉の蟹料理」「境港」という盛りだくさんな企画だった。早起きは三文の得の《我等村人》は、花回廊に一番乗りを果たし、園内を一周する1キロの屋根付き回廊やフラワードームで花を満喫した。その後は昼酒と解禁直後の松葉蟹をたっぷり頂き、温泉でほっこりし、お目当ての境港へ移動した。
NHKの朝の連続テレビドラマ“げげげの女房”で注目の漫画家水木しげるの出身地の境港は妖怪のテーマパークのようで、今年は300万人が訪れたそうだ。
テレビでブームになる前から、水木しげるロード計画は始まっていた。平成5年には23体の妖怪のブロンズ像と「鬼太郎列車」が運行され、12年には「妖怪神社」や「水木しげる記念館」がオープンして86体になった。たまたまその頃、行ったことがあるが、今では800mのロードには139体の像があり、黒御影石の上に鎮座している。
 今回発見したのだが、JR境港駅の駅名はなんと鬼太郎駅であった。次の駅はキジムナー駅で、終点の米子駅はねずみ男駅なのだ。境線の16駅すべてに妖怪の名が付いて、“ねこ娘”“めだま親父”などの妖怪列車が走るという徹底ぶりに、目をむいた。
なんと陸だけでなく「鬼太郎フェリー」もある。なんでも“妖怪トンネル”があり、妖怪広場にある渦巻きの穴の石は隠岐にと続いているらしい。そこには「河童の泉」もあり、妖怪傘や妖怪テーブルで寛げるスペースになっていて、街灯は目玉おやじの”目玉”が睨みを効かせている。そこは妖怪パワーの漂うオアシスなのだそうだが、とても寛げるスポットではなかった。
鬼太郎がテレビアニメになったのは43年である。“からんころん”の下駄の音に始まる墓場のオープニングシーンは強烈な印象だ。
♪おばけにゃ学校も試験もなんにもない♪
鬼太郎は幽霊族の生き残り350歳で、半妖怪のねずみ男やねこ娘と共に、ゲゲゲの森に住んでいる。ぬりかべ、一反木綿、こなき爺、砂かけ婆たちの助けを借りて妖怪ポストに寄せられた不可思議事件の解決にあたる。
 さて “げげげ”の由来は、本名“シゲル”が言い難く“げげ”となり“げげげ”になったそうだが“化化化”ではなかろうか。
水木しげるの原点は好奇心旺盛な少年時代の出会いにあった。出入りの老婆“のんのんばあ”(のんのんさんとは神様や仏様のことで、信心深い老婆の意)から《河童、海坊主、一つ目小僧、川赤子、野寺坊、白うねり》などのお話を聞いて育ったと言う。彼は「目に見えないもう一つの世界があることや、世の中は妖怪変化や怪奇現象に満ち溢れている」ことに気付いたのだ。彼はニューギニア戦線で片手を失ったが、生き延びることができたのは不思議な世界があることを知っていたから・・・と後年述懐している。
ちなみに鬼太郎の父の屍から目玉だけが流れ出し生き残ったのが、“目玉おやじ”で、ものの内部まで見ることのできる目と耳電話を持っている。日の目”が当たったのか、妖怪パワーのご利益か「文化功労賞」は目出度い!
ところで猫の妖怪には「ねこ娘」と「猫又」がいる。「猫又」は尾が二股になるまで歳を経た大きな化け猫だ。わが家の猫”空海も化け猫にならないように尾が二股にならないように見守る必要がありそうだ。
鬼太郎駅には《2010年=虎の衣を借るねこ娘》の垂幕がある。今年は“ねこ娘年”だそうで、”虎縞の衣で化けたねこ娘と“猫を被った私”は記念撮影と洒落込んだ・・。
 帰りのバスでは実写映画の「ゲゲゲの鬼太郎・千年呪い歌」のビデオが映された。ウエンツ瑛士(鬼太郎)、田中麗奈(ねこ娘)、大泉洋(ねずみ男)、室井滋(砂かけ婆)、間寛平(こなき爺)、緒形拳(ぬらりひょん)等、超豪華な顔ぶれは、「和製ハリー・ポッター」のようだが、全く恐くないのだ。呪い歌は「♪籠目カゴメ・・」実は奥が深いが、よほど妖怪界に詳しくないと難しい。とうとう苦情が出て、「綾小路きみまろ」のビデオに変えられた。しかしながら「あれから40年・・」のパターンにもいかがなものか・。  

Posted on 2017/07/24 Mon. 08:11 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

24