10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照7月号2017 

               201406040928000.jpg
白に酔ひむらさきに醒め菖蒲園       佐藤宗生
植ゑつぎの植田に老の影二つ        花房柊林
花は葉に過去と未来の入り乱れ       甲斐梶朗
学校のチャイムのとどく葱坊主        石津淡紅
一つの訃こころに畳み青葉雨         中西八千代
菖蒲園数上回る傘の色            山崎靖子
桐の花こぼれて色香失はず         竹地恵美
黒揚羽庭のこぼれ日欲しいまま       牧明子
溝川に光散らして田水引く          古川澄子
井田に添ふ曲水の涼しさよ          森脇八重
雲海の解け稜線の御来光          原房枝
母の日や無欲といふを学びたり       柚木寿代
小流れの水面を塞ぐ花太藺         森靖子
母のよに胡瓜を刻む音が好き        久戸瀬孝子
明け初めて植田に映る残り月        大野雅子
栴檀の花ひろがりに空模様         大室瀧子
群なして大小の水脈残り鴨         山下和子
枝に籠かけて小梅をもぎにけり       石井弘子
巣立ち鳥一番二番誇らしく         藤沢絹子
溜池に声を落として牛蛙          徳永保美
尺取に一身上の都合あり         土屋鋭喜
見つめゐる吾の影の先苔の花       山下卓郎
仏壇の母へぽつぽつ豆ご飯        浅野陽
グーの手に宝物なる蜥蜴の子       南みどり
父の日や父の句集の父の声        工藤泰子

Posted on 2017/07/05 Wed. 20:14 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

05

遥照6月号2017 

                   DSC_0461.jpg
さつき百わが光陰を埋めつくす   佐藤宗生
聖五月徴兵検査なき祖国      花房柊林
長閑さや島に一つの信号機     甲斐梶朗
麦の秋行商の荷は何でも屋     中西八千代
暁闇の光を放つ朴の花        石津淡紅
日本地図広げて春の風に乗る    牧明子
荒れ田増え淋しさびしと田螺鳴く   古川澄子
石州の赤黒かわら土降れる     竹地恵美
卯の花や水豊かなる備後の地    山崎靖子
ほろ苦きものにぞ春を味はへり   森脇八重
自分史の今の一ページ花万朶    土屋鋭喜
分水嶺越えて変わりし芽吹き色   森靖子
田螺鳴く途絶えて久し子等の声   原房枝
若づくりしたかな今日の花衣     虫明有菜
春風を存分に呼ぶティータイム   藤沢絹子
運動着フェンスで乾く木の芽風   久戸瀬孝子
新しき鉢を並べつ菊根分け     徳永保美
筍を近所に配り皮の山        柚木寿代
山藤を手繰るて天に登りたし    大室瀧子
藤房の揺れて紫匂ひけり      大野雅子
大海に辿り着けそな花筏       山下和子
しばらくは一目でわかる今年竹   石井弘子
忘却の水音かすか沙羅の花    山下卓郎
一枚の布に解いて夏羽織      浅野陽
いつまでも母が主役の苗の札   南みどり
人に酔ひ酒に呑まれて花疲れ   工藤泰子

Posted on 2017/06/05 Mon. 10:11 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

05

遥照5月号2017 

                   DSC_2507.jpg
尺取に計られてゐる吾が余命    佐藤宗生
花鋏鳴らして春を惜しみけり     花房柊林
笹舟に追ひかけられし花筏      甲斐梶朗
一山の山のオーラへ踏み入りぬ   石津淡紅
空耳にさくらさくらのわらべ歌     中西八千代
紙漉きの里や三椏花盛り       竹地恵美
空の重さ両手で受ける朴の花     牧明子
ロダンとも居眠る人か遅日なり     山崎靖子
ブランコに乗る子のなくて風が乗る  古川澄子
初音してまろぶ良寛手毬唄       森脇八重
花の雲心繋がる人といて        原房枝 
手放すもなほ留まりて流し雛      森靖子
あるときは憂ひも隠す春帽子      大野雅子
膨らみは思ひの強さチューリップ    久戸瀬孝子
名の山も名のなき山も花の雲      大室瀧子
威勢良く口八丁の若布刈り        山下和子
耕して振り返りまた振り返る       柚木寿代
天空の城へと弾む春の坂         石井弘子
土に棲むもういいかいと蕗の薹     徳永保美
龍が棲む池と聞こえし朧かな      長畦恭子
里の子の山の遊びやツツジ咲く     藤沢絹子
頬ずりをしたくなるよな桜かな      虫明有菜
ミモザ咲く陽のよく当たる喫茶店     土屋鋭喜
すかし見る古社の瓦に花の雨      山下卓郎
休耕田にシロツメクサが咲きました    浅野陽
菖蒲の芽葉組されたるごとく出づ    南みどり
養花天孔雀は羽根を広げざる      工藤泰子    

Posted on 2017/05/05 Fri. 13:42 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

05

遥照4月号2017 

           DSC_2445.jpg
揚げ雲雀天の深さを計り鳴く     佐藤宗生
蒼穹の無限の画布を初つばめ    花房柊林
命名の墨痕著き春灯火         甲斐梶朗
思ひ出はみな美しく霞みけり      中西八千代
啓蟄や触覚として白き杖        山崎靖子
蕗の薹地雷など無き国に住み    石津淡紅
掛軸を掛け替えて聴く初音かな    牧明子
故里を発ちし列車や春の月       竹地恵美
首切りし大根整列する畑        古川澄子
動くとも見えぬ沖船鰆東風        森脇八重
童謡を流して待てる雛句会        森靖子
ものの芽に踏み出す勇気貰いけり   原房枝
パソコンの余寒予感と変換す      土屋鋭喜
最後まで意地通しけり春愁       柚木寿代
コンポスト重石ふんばる春嵐      石井弘子
凍てし夜や音軋ませて貨車の過ぐ   山下和子
同い年夫婦そろひて厄祓ひ       大野雅子
春耕の大地にしかと鍬の跡       大室瀧子
床の間の瓶がほめられ椿咲く     藤沢絹子
投函のポストを濡らす菜種梅雨    久戸瀬孝子
鰭酒や来し方時空短絡す        山下卓郎
猫の名は空と海てふ風光る       浅野陽
菜種梅雨ちよっと着てみる勝負服    南みどり
花菜漬け絞る媼の太き指        工藤泰子

Posted on 2017/04/08 Sat. 20:14 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

08

遥照3月号2017 

                     DSC_2098.jpg
初蝶の風に流して逆らはず        佐藤宗生
大宮の梅が枝に鳴る受験絵馬      花房柊林
探梅や花に一礼して帰る         甲斐梶朗
梅真白渡辺和子師別れの会       石津淡紅
草田男の句を諳んじて梅真白      中西八千代
春浅し昨日と違う塩加減          山崎靖子
春めくや野辺立ち上る煙の色       竹地恵美
かゐつぶり水尾の引っ張る夕焼かな  牧明子
はからずも立春大吉退院す        古川澄子
春浅き海光まとふ舫ひ舟         森脇八重
良寛の像に添ふ梅ふつくらと       森靖子
偲ばるる格調高き享保雛         原房枝
薄氷や割れる離れる浮く光る      土屋鋭喜
末黒野となりて烏城の夕茜       大野雅子
約束をするも思案の寒戻り       長畦恭子
綿菓子のやさしく溶くる春の雪     柚木寿代
古寺の藁を纏ひし寒牡丹         山下卓郎
寒牡丹ショーウィンドーの中にをり   浅野陽
雲間より洩れくる陽ざし寒牡丹      山下和子

島を縫ふマスト行き交ひ風光る     大室瀧子
綿吹いて役目終わりし鼓草       久戸瀬孝子
桃色の風よふけふけ春が来る     徳永保美
瀬戸内の凪のごとくに年迎ふ     南みどり
てんもんくんとてんもんちゃんへ風光る  工藤泰子
 

Posted on 2017/03/03 Fri. 10:00 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

03