04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

第48回岡山県文学選奨  

            P1100310.jpg

 第48回岡山県文学選奨 準佳作
              工藤泰子
         
      転調
走馬灯この世の風を回しけり
青空を転がしてゐる芋の露
蜻蛉に空の青さを尋ねけり
とんばうの滑降水平思考にて
蝉時雨木の沈黙のるるるるる
ほんたうのことばかり言ひ心太
燕去る五体投地を空にして
鬼灯を舌に転がし音立つる
酔芙蓉平均律と転調の

残像の瑠璃色となる蜥蜴の尾
スポンサーサイト

Posted on 2013/12/15 Sun. 11:09 [edit]

category: 俳句

TB: 0    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/98-98a96ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list