07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

第二回与謝蕪村顕彰俳句大会 天の橋立 

天の橋立で有名な与謝野町に行きました。
与謝蕪村顕彰の俳句大会の「京都府知事賞」を頂きました。
選者は宇多喜代子、茨木和生、大石悦子先生でした。
 与謝野町俳句大賞 蜘蛛の巣に朝からの雨いまも雨   須田さらさ
 京都府知事賞   はんざきの口水平にあいてをり   工藤泰子
 与謝野町長賞   空に向け自転車を漕ぐ植田かな   矢田弘
 〃議会議長賞   夏至の日の杭一本の傾ぎかな    星川淳代
 〃 教育長賞   草矢打つたつた一人の姉に打つ   森靖子
 文化協会会長賞  栗飯の椀に粒々良夜かな      国広正義
 宇多喜代子賞   豚肉のぷるぷるしたる大暑かな   澤田和弥
 
P1110234.jpg
    P1110230.jpg              P1110237.jpg
 前書俳句の部
茨木和生賞
 崇徳上皇配流地、讃岐に八十蘇場てふ泉あり 
   玉体を三七日浸けし泉とぞ    山内節子
大石悦子賞
 悼  茂山千作
   朴散華呵呵大笑の太郎冠者    伊藤晶子
スポンサーサイト

Posted on 2013/12/09 Mon. 10:43 [edit]

category: 俳句

TB: 0    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/97-53b8f5b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list