10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

矢掛のながし雛行列とながし雛行事 

       DSC_0165.jpg    DSC_0177.jpg
  P1090933.jpg
 
 やかげの流し雛行列は流しびなの総本社とも言われる和歌山県の淡嶋神社から、お使い姫と侍女、
そして姫に救われた雛の化身である雛魂(ひなだま)たちが「流しびなを無事に淡嶋まで流れつくようにと
迎えにきてくださる道中行列です。


 高校生の菅笠の黒服の踊り、白い花びらのような雛魂の子供たちのおどりがかわいかった。
 熊野詣のような市女笠の扮装の神舞い「花のてかざし」「鎮魂の舞い」など日舞も見事!

     たをやかな風にはこばる雛の舟   泰子

 行事を支える人たちは俳句関係者だそうです。矢掛本陣、脇本陣をカメラマンが埋めつくしました。
スポンサーサイト

Posted on 2013/03/27 Wed. 19:01 [edit]

category: 俳句

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/64-00439f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list