04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

やんぬるかな13 

  やんぬるかな13   工藤泰子
  初夢のなかをどんなに走つたやら  飯島晴子
前回は正月の目出度い遊びと俳句を取り上げた。最近の遊びの新化?はめざましく、任天堂の3D(スリー・ディ=dimensions)三次元のゲーム機などもすごいが、オンラインネットゲームなるものもある。夢中になるのもあたりまえ!とにかく画像はクリアー、斬新、先駆的で異次元空間に迷い込んだ感じなのだ。だからだれでも深みに嵌りそうな危険がある。ゲーム時代の初夢はどの様な光景になるやら、想像すらできない。
初夢の空とぶ少女なりしかな    泰子
ちなみにオンラインゲームの人気ランキングを調べて、その世界を垣間見た。
一位 〈晴空物語(はれぞら)〉
二位 〈剣と魔法のログレス〉
三位 〈ファインディングネバーランド〉
他には〈ドラゴンネスト〉〈エルソード〉〈戦国イクサ〉〈TERA〉などがある。

これらは一様に勇気、知恵、友情、正義などが盛り込まれたファンタジー(空想的、幻想的、夢想的)となっていて、けっこう為になる。しかし最初の基本料無料の内容を超えてしまうと、高額のゲーム代がかかるらしい。
今やパソコンの数よりスマホ(多機能な携帯電話)が増え、黒い固定電話の時代は遠い過去のこととなった。
携帯パソコン(パーソナル・コンピューター)の時代の子供たちが情報の氾濫に流されないように!大人が割り込んでいくのも難しくなった。漱石ではないが時流に“棹さす”「へそ曲がり」も必要だろう。 

“焼け石に水”かもしれないが、古来よりの知恵の集積、〈いろはかるた〉などに幼児期に触れるといいのではなかろうか!地域や時代が変わっても諺形式の読み札に込められている処世訓や喩えは実に機知に富んでいる。
「犬も歩けば棒にあたる(江戸)」「一を聞いて十を知る(大阪)」「一寸先は闇(京都)」「嘘から出た誠(江)」「牛を馬にする(大)」「氏より育ち(京)」「年寄りの冷や水(江)」「遠い一家より近い隣(大)「豆腐にかすがひ(京)」などと違いもあるが、聞きなれているところでは、「論語読みの論語知らず」「二階から目薬」「仏の顔も三度」「下手の長談義」「塵もつもれば山となる」「地獄の沙汰も金次第」「糠に釘」「蛙のつらに水」「無理が通れば道理ひっ込む」「鰯の頭も信心から」「安物買ひの銭失ひ」「負けるが勝」「待てば甘露の日和あり」「聞いて極楽見て地獄」「瓢箪から駒」「背に腹はかへられぬ」・・・・・
遊びが知恵となり、人間関係の潤滑油となる。
「まるい卵も切り様で四角、ものも言いようで角がたつ」「諺・ことわざ」は「技あり」!だ。
昔の人は役立たない仕事や人を「籠で水を汲む!」「正宗で大根を切る!」と言ったり、「話し上手に仕事下手!」「下手の道具調べ!」などと臨機応変に軽妙に対応した。

我が家の正月は坊主めくり(百人一首)や俳聖カルタ(芭蕉・去来・蕪村・一茶)などで遊んだ。
山里は万才おそし梅の花    芭蕉
元旦や家に譲りの太刀はかん  去来
春の海ひねもすのたりのたりかな 蕪村
これがまあついの栖か雪五尺   一茶

しかし子供たちに大受けしたのは、みうらじゅん監修の“全国ゆるキャラかるた”だった。
“ゆるキャラ”とは地域おこしのマスコットキャラクターで、今や1205匹も登録されている。ゆるキャラの元祖「ひこにゃん」には年賀状が一万通も来る人気者である。
2011年は熊本の「くまもん」、2012年は愛媛・今治の「バリィさん」が、ゆるキャラ・サミットのグランプリに輝いた。平城京遷都のキャラは「せんとくん」(鹿の角が頭についている坊主)だが、「まんとくん」(マントを着ている)と公式キャラを争ったことも、記憶に新しい。
 さて、このカルタの目的は、「ゆるい正月、ゆるい日、ゆるい友達とゆるーくプレー・・」なので、癒し系のほのぼのとした、キャラが次ぎ次ぎ登場する。岡山の「モモッチ」はまだカルタにはデビューしていなかった。
水滴と葉っぱの仲良しコンビです 水と緑を守るミコロ ハコロ   岡山市のPR
 ゆるキャラ界の人気者 朱塗りの兜が目印  ひこにゃん    彦根市のPR

 伊賀の町もっとも有名おじいさん 俳句がピカイチ  芭蕉さん 得意なこと俳句

ひこにゃんに続けと、東日本震災復興応援の「独眼竜ねこまさむね」や、島根の「しまねっこ」など猫のゆるキャラは大人気だ。だからではないが、今回は猫の俳句を取り上げた。 
夢の端のそのまた先に猫の恋   鷹羽狩行
猫の恋猫好きの猫物語      稲畑汀子
月面とおもふ恋猫去りしあと   渋谷道
恋猫のめくら縞まですつとびぬ  嵯峨根鈴子
 
嵯峨野さんには、熊野の七里御浜で拾った貝殻を我が家の猫の「空ちゃんと海ちゃんに上げてね!」と、頂いた。黒潮や星降る音を聞いた貝殻は、猫には猫耳東風ではあるが・。
  美辞を避け序文書き上ぐ猫の恋   伊藤白潮  
上五がまことに見事、本編はいかに!  やんぬるかな!
            
スポンサーサイト

Posted on 2013/01/24 Thu. 21:45 [edit]

category: やんぬるかな

TB: 0    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/53-bb66c100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list