10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照9月号2017 

                  DSC_2748.jpg
桐一葉なにか書かねば残さねば    佐藤宗生
懐に花穂を抱きて青芒           甲斐梶朗
乾杯のグラスに月涼しめり        川崎照女
ほんにまあ続くお喋りソーダ水      花房柊林
どかどかと帰りゆく背の踊笠        石津淡紅
蜩の八雲旧居の庭かげり         中西八千代
大匙に顔の歪んでいる晩夏        山崎靖子
白南風や音探り吹くハーモニカ      竹地恵美
白南風や竿売りの声行き過ぎぬ     牧明子
地には地の人間模様雲の峰        森脇八重
左手で一合の米夏厨            古川澄子
昼月の見ゆる野に飛ぶ茅萱の穂     森靖子
ふるさとは五右衛門風呂と蟬と母    土屋鋭喜
早朝のかぼちゃの花の大合奏      原房枝
合歓の花母となりても母恋し       久戸瀬孝子
白南風やペタルが歌うかろやかに    徳永保美
長ぐつの道草してる梅雨晴間       山下和子
虹立て泰平の世の橋となれ       大室瀧子
銀輪と白南風大橋渡りゆく        大野雅子
安泰に暮らせる日々や月涼し      石井弘子
通り雨泰山木の花清し          山下卓郎
梅雨の憂さ晴らす将棋の快挙かな    浅野陽
腰の辺の窪みし父の籐寝椅子      南みどり
泰然と見えて詮無き端居かな       工藤泰子
スポンサーサイト

Posted on 2017/09/07 Thu. 10:09 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/255-377c38db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list