07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照8月号2017 

                     DSC_0461.jpg
源流として一山の滴れる        佐藤宗生
誘惑の雨にでで虫角を出す      花房柊林
湖の風捉へて傾ぐ花菖蒲        甲斐梶朗
花桐やかつてお籠のゆきし坂      石津淡紅
桐の花箪笥の底に妣のふみ       中西八千代
朝風に弁の達者な行々子        牧明子
日輪のひねもす黄なり霾の峡      竹地恵美
汚れ無き白一面の花菖蒲        山崎靖子
昼月に見つめられつつ袋掛       古川澄子
凌霄の花ほろほろと言葉めく      森脇八重
干し竿に風の野良着や半夏生      原房枝
写生する葉付きの枇杷の毛むくじゃら  森靖子
母と子の影を見送る大夕焼        大野雅子
うどんげや泰平の世へ願いこめ      大室滝子
窓越しの照り身におよぶ夏盛り     山下和子
半夏生猫の個展に一目ぼれ       長畦恭子
今日ここと決めて断捨離梅雨ごもり    石井弘子
あんな日もこんな日もあり立葵     藤沢絹子 
炎天に気をつけしたるシャツ干さる   虫明有菜
山間いの トンネルぬけて星明り    徳永保美
とほい日の下駄ある暮らし桐の花   久戸瀬孝子
学校に慣れて蓬は木となれり      土屋鋭喜
海の日に辿る航跡空母加賀       山下卓郎
猫の手は借らずともよし田植かな    浅野陽
ひとまはり若くなりたる夏帽子      南みどり  
海の日やビギンの唄を口ずさみ     工藤泰子
スポンサーサイト

Posted on 2017/08/04 Fri. 07:54 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

04

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/251-b21eed3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list