09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

猫にスキャット27 

猫娘
 2010・ねこ娘年              
 「道木第7組合」秋のバス旅行は、「鳥取花回廊」「皆生温泉の蟹料理」「境港」という盛りだくさんな企画だった。早起きは三文の得の《我等村人》は、花回廊に一番乗りを果たし、園内を一周する1キロの屋根付き回廊やフラワードームで花を満喫した。その後は昼酒と解禁直後の松葉蟹をたっぷり頂き、温泉でほっこりし、お目当ての境港へ移動した。
NHKの朝の連続テレビドラマ“げげげの女房”で注目の漫画家水木しげるの出身地の境港は妖怪のテーマパークのようで、今年は300万人が訪れたそうだ。
テレビでブームになる前から、水木しげるロード計画は始まっていた。平成5年には23体の妖怪のブロンズ像と「鬼太郎列車」が運行され、12年には「妖怪神社」や「水木しげる記念館」がオープンして86体になった。たまたまその頃、行ったことがあるが、今では800mのロードには139体の像があり、黒御影石の上に鎮座している。
 今回発見したのだが、JR境港駅の駅名はなんと鬼太郎駅であった。次の駅はキジムナー駅で、終点の米子駅はねずみ男駅なのだ。境線の16駅すべてに妖怪の名が付いて、“ねこ娘”“めだま親父”などの妖怪列車が走るという徹底ぶりに、目をむいた。
なんと陸だけでなく「鬼太郎フェリー」もある。なんでも“妖怪トンネル”があり、妖怪広場にある渦巻きの穴の石は隠岐にと続いているらしい。そこには「河童の泉」もあり、妖怪傘や妖怪テーブルで寛げるスペースになっていて、街灯は目玉おやじの”目玉”が睨みを効かせている。そこは妖怪パワーの漂うオアシスなのだそうだが、とても寛げるスポットではなかった。
鬼太郎がテレビアニメになったのは43年である。“からんころん”の下駄の音に始まる墓場のオープニングシーンは強烈な印象だ。
♪おばけにゃ学校も試験もなんにもない♪
鬼太郎は幽霊族の生き残り350歳で、半妖怪のねずみ男やねこ娘と共に、ゲゲゲの森に住んでいる。ぬりかべ、一反木綿、こなき爺、砂かけ婆たちの助けを借りて妖怪ポストに寄せられた不可思議事件の解決にあたる。
 さて “げげげ”の由来は、本名“シゲル”が言い難く“げげ”となり“げげげ”になったそうだが“化化化”ではなかろうか。
水木しげるの原点は好奇心旺盛な少年時代の出会いにあった。出入りの老婆“のんのんばあ”(のんのんさんとは神様や仏様のことで、信心深い老婆の意)から《河童、海坊主、一つ目小僧、川赤子、野寺坊、白うねり》などのお話を聞いて育ったと言う。彼は「目に見えないもう一つの世界があることや、世の中は妖怪変化や怪奇現象に満ち溢れている」ことに気付いたのだ。彼はニューギニア戦線で片手を失ったが、生き延びることができたのは不思議な世界があることを知っていたから・・・と後年述懐している。
ちなみに鬼太郎の父の屍から目玉だけが流れ出し生き残ったのが、“目玉おやじ”で、ものの内部まで見ることのできる目と耳電話を持っている。日の目”が当たったのか、妖怪パワーのご利益か「文化功労賞」は目出度い!
ところで猫の妖怪には「ねこ娘」と「猫又」がいる。「猫又」は尾が二股になるまで歳を経た大きな化け猫だ。わが家の猫”空海も化け猫にならないように尾が二股にならないように見守る必要がありそうだ。
鬼太郎駅には《2010年=虎の衣を借るねこ娘》の垂幕がある。今年は“ねこ娘年”だそうで、”虎縞の衣で化けたねこ娘と“猫を被った私”は記念撮影と洒落込んだ・・。
 帰りのバスでは実写映画の「ゲゲゲの鬼太郎・千年呪い歌」のビデオが映された。ウエンツ瑛士(鬼太郎)、田中麗奈(ねこ娘)、大泉洋(ねずみ男)、室井滋(砂かけ婆)、間寛平(こなき爺)、緒形拳(ぬらりひょん)等、超豪華な顔ぶれは、「和製ハリー・ポッター」のようだが、全く恐くないのだ。呪い歌は「♪籠目カゴメ・・」実は奥が深いが、よほど妖怪界に詳しくないと難しい。とうとう苦情が出て、「綾小路きみまろ」のビデオに変えられた。しかしながら「あれから40年・・」のパターンにもいかがなものか・。  
スポンサーサイト

Posted on 2017/07/24 Mon. 08:11 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/250-7f3a1c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list