09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照6月号2017 

                   DSC_0461.jpg
さつき百わが光陰を埋めつくす   佐藤宗生
聖五月徴兵検査なき祖国      花房柊林
長閑さや島に一つの信号機     甲斐梶朗
麦の秋行商の荷は何でも屋     中西八千代
暁闇の光を放つ朴の花        石津淡紅
日本地図広げて春の風に乗る    牧明子
荒れ田増え淋しさびしと田螺鳴く   古川澄子
石州の赤黒かわら土降れる     竹地恵美
卯の花や水豊かなる備後の地    山崎靖子
ほろ苦きものにぞ春を味はへり   森脇八重
自分史の今の一ページ花万朶    土屋鋭喜
分水嶺越えて変わりし芽吹き色   森靖子
田螺鳴く途絶えて久し子等の声   原房枝
若づくりしたかな今日の花衣     虫明有菜
春風を存分に呼ぶティータイム   藤沢絹子
運動着フェンスで乾く木の芽風   久戸瀬孝子
新しき鉢を並べつ菊根分け     徳永保美
筍を近所に配り皮の山        柚木寿代
山藤を手繰るて天に登りたし    大室瀧子
藤房の揺れて紫匂ひけり      大野雅子
大海に辿り着けそな花筏       山下和子
しばらくは一目でわかる今年竹   石井弘子
忘却の水音かすか沙羅の花    山下卓郎
一枚の布に解いて夏羽織      浅野陽
いつまでも母が主役の苗の札   南みどり
人に酔ひ酒に呑まれて花疲れ   工藤泰子
スポンサーサイト

Posted on 2017/06/05 Mon. 10:11 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/243-e6ea4741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list