10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照1月号2017 

                  DSC_2101.jpg
山影のどつと被さる紅葉宿       佐藤宗生
草紅葉やさしく抱く無縁仏        花房柊林
研ぎすます風音立てし冬木立     甲斐梶朗
山峡の十戸を沈め霧の海        石津淡紅
旅人の旅情なぐさむ京しぐれ      中西八千代
励ますも叱るも独り空っ風         牧明子
大根引く穴そのままに暮れにけり    山崎靖子
小柄なる祖母茶の花を手折り来し    竹地恵美
葱だけは裏木戸近くに二三本      古川澄子
実千両活けて脇役とも言へず      森脇八重
通訳の箸とどこほる年忘れ        森靖子
神鈴や里の清しき初景色         原房枝
新藁の匂ひが嬉し注連作り        久戸瀬孝子
雨乞いの龍の瞳やもみじ燃ゆ      藤沢絹子
畑を打つ農夫の背なにある小春     虫明有菜
根深食めは頭よろしと祖母笑ふ     柚木寿代
山里の一人住まひや吊し柿       山下卓郎
天空の城に真綿の冬の霧        中西登美
亡き母や遠くて近き露葎         浅野陽
日をかけて描き終わりし柿を剥く     南みどり
団栗の落ちて弾める砲弾碑        工藤泰子

スポンサーサイト

Posted on 2017/01/04 Wed. 12:17 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

04

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/225-b4146128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list