10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照12月号(2016) 

      DSC_1985.jpg

墨客のごとく遊歩の懐手       佐藤宗生
蟷螂の草より先に枯れにけり    花房柊林
石頭漫ろそぞろに秋惜しむ     甲斐梶朗
演舞了り色なき風の能舞台     石津淡紅
旨み増す野菜を褒めて霜の声    牧明子
雲走り尾花の揺るるきつね雨    中西八千代
通りゃんせで上がる踏切秋夕焼   山崎靖子
一陣の風現はれて神の旅      竹地恵美
膝折ればサルビアの炎燃え移る  古川澄子
新涼や木立を透きし海の青     森脇八重
柊の花散る水や空青し        森靖子
命ある限りお洒落を柿紅葉     原房枝
先頭のランナー来たる照紅葉    土屋鋭喜
佇てばもう詩人となりし帰り花    久戸瀬孝子
三日月の箸置き優し蕪蒸      山下卓郎
一輪車に乗せたるままの菜を洗う  徳永保美
笑茸かもと上戸の友来る       柚木寿代
風に陽に酔うて熟れゆく畑蜜柑   石井弘子
千枚田声の賑はふ稲雀        中西登美
金木犀古木ならばの香り立つ    浅野陽
背伸びして蜜柑を摘めば空青き  南みどり
星飛んで天地創造神仏       工藤泰子
スポンサーサイト

Posted on 2016/12/05 Mon. 09:00 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/221-198549c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list