10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照9月号2016 

              P1130382.jpg
一日といふも一齢秋の蠅     佐藤宗生
ふんだんに光と水や敗戦忌   花房柊林
今鳴かな何時鳴く蟬の七日間  甲斐梶朗
敗戦忌南の島は永久の墓碑   石津淡紅
懐郷や一夜の旅の盆踊り     中西八千代
蝉時雨のど真中なる墓参り    牧明子
九秋の独り寝なりし湖畔宿    山崎靖子
百日紅明日動員の大学生    竹地恵美
地球儀の裏側燃えて夏五輪   古川澄子
蛇行する川も涸れたる大旱    森脇八重
鷺草の里恋しかろ鉢育ち      原房枝
享年の文禄とある墓洗ふ      森靖子
団欒に加わる守宮の指定席    土屋鋭喜
敗戦忌吾よりも若き祖父の声   山下卓郎
久々に出番のめぐる蠅叩き    石井弘子
ひとりには余るベンチや大賀蓮   久戸瀬孝子
好物を美味しく食べて暑気払    虫明有菜
渡船場の舟うち揚ぐる秋の浜    柚木寿代
なた豆の夢を求めた蔓の先     大室瀧子
縁側の妣の居た場所盆の風     徳永保美
終活の黴生ふ本を捨てられず     中西登美
激辛のライスカレーの暑気払      浅野陽
子供らの指切りげんまん梅雨晴間   南みどり
蜻蛉へくるくる回す指の先        工藤泰子
スポンサーサイト

Posted on 2016/09/05 Mon. 08:39 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/209-14ba557b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list