06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照8月号2016 

                        201308160620002.jpg
敗戦忌あの日も呆けてゐたりけり       佐藤宗生
背伸びして生きし青春夏あざみ      花房柊林
蜘蛛の子を闇に走らせ濁世かな     中西八千代
星祭白一色の千羽鶴            甲斐梶朗
ボート疾走鮫除の浮の沖         石津淡紅
田の溝に堕ちて不覚の蛍狩り      山崎靖子
永らへて飢渇と飽食終戦日        牧明子
木下闇昏みし風の吹き出でし       竹地恵美
荒梅雨や川底たちまち浚えらる     古川澄子
天心をくすぐられゐる百日紅       森脇八重
病室の窓辺を飾る立葵          森靖子
田めぐりの夫眼裏に青田風       原房枝
父の日や父という字がどうも下手    土屋鋭喜
来客の折り目正しや百合の花     石井弘子
ふるさとの絵葉書使ふ夏見舞     柚木寿代
光年の大河の阻む星の恋        久戸瀬孝子
ことごとく西瓜狙わる群烏        藤沢絹子
画布の中金魚いまにも動きそう    虫明有菜
青梅雨に野菜復活背筋伸ぶ      山下卓郎
悠々と時を旅して山椒魚        浅野陽
薫風にまる洗ひさるわが五体     中西登美
涼風の通り抜けたる羊歯の路    南みどり
緋目高の学校となる禅の寺      工藤泰子
スポンサーサイト

Posted on 2016/08/03 Wed. 07:37 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/205-05a23534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list