05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照5月号2016 

             DSC_1249.jpg
呆け山ここにもありて閑古鳥      佐藤宗生
母眠る墓石抱ける木の芽かな       花房柊林
わがままな野火の行手に水を差す    甲斐梶朗
花疲れ夜具を鳥毛のとび出だす     石津淡紅
生涯n花の一句を探しけり         中西八千代
山笑ふ峡の一戸を膨らませ        山崎靖子
辛夷咲く鹿子模様に山染めて       竹地恵美
生命線皺にまぎれて春おぼろ       牧 明子
公園の春の足跡風が消す         古川澄子
本陣の甍映へたる新樹光         森脇八重
旅立ちに吾が子見送る花三分      原房代
家族葬にしたとの知らせ春の雷      土屋鋭喜
侵蝕の川岸覆ふ犬ふぐり          森靖子
約束のやうに生えたる蕨かな       久戸瀬孝子
シャッターを開けてつばくろ待ちにけり  石井弘子
花見ござ自己満足の歌披露        藤沢絹子
花人や厄除け坂を登り来て         柚木寿代
ふる里の訛披露の花の昼         虫明有菜
辛口のカリー弁当花散らす         山下卓郎
ままごとのトロフィーとする蕗の薹     中西登美
再会の指切りをして卒業す        浅野陽
濯ぐ手をとめて聞きいる初音かな    南みどり
蒲公英の芯だんだんと見えて来し    工藤泰子
スポンサーサイト

Posted on 2016/05/04 Wed. 11:52 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

04

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/197-1a3787ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list