05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照4月号(2016) 

                     DSC_1090.jpg
初蝶や風にも重さあるごとく        佐藤宗生
風呼んで透明となる野焼きの火     花房柊林 
まんさくの影さざなみに乱さるる     甲斐梶朗
蜜柑船喫水深く着岸す           石津淡紅
一幅の浦島の亀鳴きゐたり        中西八千代
啓蟄や土竜おどしの鳴り止まず      山崎靖子
古びたる火の見の櫓風光る        竹地恵美
春の貌もって万物動き初む         牧明子
地虫出ずムシケラなんて呼ばないで   古川澄子
春めくやそろそろ力抜く齢          森脇八重
当番で守る町家や雛吊るす        土屋鋭喜
護摩焚きて浅き春空焦がしけり       森靖子
濯ぎいる水の角とれ春隣           原房枝
春隣植木鉢など並べ替ふ         柚木寿代
解かるる犬の首輪や下萌ゆる       久戸瀬孝子
磯の香を籠に閉じ込め初若布       石井弘子
蕗味噌の苦味噛み締む独り酒       山下卓郎
文机に平素のくらし梅の花         中西登美
新しき大地を得たる龍の玉        浅野陽
ときどきは早歩きして春隣        工藤泰子
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/03 Sun. 13:04 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/194-439a01f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list