08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照1月号(2016) 

             DSC_0677.jpg 
大仰に万骨を折る枯蓮田    佐藤宗生 
矢のごとき老の一年十二月   花房柊林
尺玉の肝にひびきし冬花火   甲斐梶朗
流木の満身創痕もがり笛    中西八千代
抱へたる焼藷ぬくし顔ぬくし   竹地恵美
足音は菩薩の山へ落葉径    川崎照女
暮れてゆく紅葉明りの女坂    石津淡紅
 
人の輪の和にも通じて大根煮る  牧 明子
熟れ柿の夕日の色をしたたらす  田中愛
昂りに太鼓の連打神楽舞      古川澄子
群れてゐる鴨抱くかに大水輪   森脇八重
立ち止まることも生き方菊日和   原房江
歩く背を追ひかけて去る時雨雲  森靖子
土蜘蛛も足袋履いており神楽村  土屋鋭喜
耳朶に在る幼き頃の亥の子唄   宮原はづき
天気かと尋ねられては日向ぼこ  石井弘子
煤払ふ手を止めさせる文の束    柚木寿代
ゆく秋を映してダム湖閑かなり   久戸瀬孝子
山の陽を軒に集めて蕎麦を干す  藤沢絹子 
風たちて木の葉の白き吐息かな   虫明有菜
 
冬の雨心閉ざして夜明け待つ    徳永保美
冬空に真紅の炎攻めぎ窯      山下卓郎
 
代々の遺愛の畑の蜜柑もぐ     中西富子
難解な漢詩の屏風風防ぐ      浅野陽
電動の轆轤をまはす師走かな   工藤泰子
 
スポンサーサイト

Posted on 2016/01/09 Sat. 14:07 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/186-b76910de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list