09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照5月号 

               071.jpg

  雨あとの浅黄にけぶる芽吹き山    佐藤宗生
  翅たたみ初蝶祈る被災の地      花房柊林
  芽起しの雨に筧の走り水       中西八千代
  大木の古巣かかえし木の芽晴     田中愛
  木の芽風走る新聞少年像       石津淡紅
  未来図を抱えて木の芽生まれけり   井上和子
  田の神のうす目をあける菜種梅雨   牧明子
  蒼天に枝伸び切りて銀杏の芽     古川澄子
  春昼の街に声あぐ選挙カー      川崎照女
  山あひの一級河川春の水       森脇八重
  仏塔の十二支めぐる花かがり     森靖子
  花越しの島は眼下に造船所      原房江
  菜畑は一面黄色天までも       山下卓郎
  長閑さや水戸黄門の高笑い      土屋鋭喜
  横断の黄旗がゆれる新学期      久戸瀬孝子
  手作りのこんにゃく足して木の芽和  柚木寿代
  青き踏む新聞に載る投句かな     中西富子
  花エリカ異国の古城偲ぶかな     浅野陽
  袈裟の中覗いてみたき座禅草     工藤泰子
  
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/03 Sat. 14:56 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasukoenjoy.blog.fc2.com/tb.php/116-fac72321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list