06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

やんぬるかな67 

やんぬるかな67     
一枚も山田荒らさずほととぎす 茨木和生
前回は時鳥の句を紹介した。先月の兼題の鑑賞をさせてもらったが、次の句について書いた。
陶芸の峡の煙突ほととぎす  石津淡紅
最近、陶芸を始めたので、陶芸の峡とほととぎすの取り合わせに惹かれたのだ。「陶芸の里、峡は、たいがい山の中にある。その土地の土がその陶土となるからだ。燻された煙突と深い緑の森の大自然を、ほととぎすがほしいままにしている。」と書いた。作者は後で判ったのだが、やはりこの峡は岡山の南東部の備前だろう。
日本の都道府県のシンボルに「県花」・「県鳥」が 郷土を代表するものとして選定されている。新潟なら、「チューリップ」と「鴇(とき)」、兵庫は、「ノジギク」と「鸛(こうのとり)」などが有名だ。岡山は「桃の花」と「雉」である。以前は「時鳥」だったのだが、94年から「きじ」に変更された。理由はホトトギスの托卵性の習性からくるイメージや、親近感が薄いことなどの意見があったとのこと。桃太郎伝説の国には「桃の花」と「お供の雉」は確かにぴったりだ。
托卵とは=ブラッド・パラサイト。郭公や時鳥など、自分で抱卵や育雛を行わず、他の種(宿主)の巣に卵を産みつけて、育ててもらうことをいう。托卵された卵は他の雛より早く孵化し、他の卵を巣の外に押し出す。産まれつきそのプログラムが組み込んであるとは・・驚きだ。タイムリミットは、他の雛が孵る三日以内。一羽になった雛は、仮親の庇護を独占して大きく育つ。ビデオで見たが、俄かに信じがたかった。
さて、正岡子規の雅号は「子規」つまりホトトギスの異称である。結核を病み喀血した自分自身を、血を吐くまで鳴くと言われるホトトギスに喩えたものだ。
喀血をした22歳(明治22年)の時、「子規」を名乗り、31歳で、高濱虚子に句誌「ホトトギス」の編集を命じている。自然をありのままに客観的に詠み出す「写生」の説を立て俳句の新時代を築いた。
明易や花鳥諷詠南無阿弥陀  高濱虚子
誰が為に花鳥諷詠時鳥    京極杞陽
 
さて世界短小詩の俳句の中心は季語!そして、言いたいことは欲張らずに、一つに絞る!
芭蕉の「笈(おい)の小文(こぶみ)」に
「西行の和歌における、宗祇の連歌における、雪舟の絵における、利休の茶における、其貫通する物は一(いつ)なり」とある。
水墨画も、白い空間があってこそ、墨絵の部分が引き締まる。性能の良いカメラが普及して、誰でも撮れそうな“写真”だが、構図や切り取る感性で、違いが出る。目に映ったものを絞り込み、引き算をする。瞬間を切り取るのも俳句と同じだ。
「描かざる美、いわざる美」それが日本の美意識!「いいおほせて何かある・芭蕉」と言うわけだ。

 もう一つ、大事なことが、「切れ!」。表に出さず、感動をせきとめて切る。言葉にあらわれているのは氷山の一角・・十七文字の不自由な型を逆手に取って切れを使えば、想像の余地が増える。不自由に思える型に慣れれば、楽しく遊べるようになる。人間はホモ・サピエンス(知恵の人)であり、ホモ・ルーデンス(遊ぶ人)なのだから。
 いよいよ桃の季節の到来だ。岡山の白桃ぐらい美味いものはない。その昔、是非にと頼まれて、竹籠に入った白桃を、岡山駅で、買い求め、東京の親戚へのお土産にしたことがある(車内販売?)。東京弁では果物のことを水菓子と言っていたが、桃はまさしく「水菓子」だった。
 そこで今回は桃の句を選んでみた。
 中年や遠くみのれる夜の桃    西東三鬼
桃の種桃に隠れむまあだだよ   中原道夫

(この後、結社「銀化」立ち上げる)
缶詰の桃冷ゆるまで待てぬとは  池田澄子(摂津幸彦への追悼句)
 洗はれし白桃水を拒みをり   朝妻力  今年度の岡山県俳人協会俳句大会のゲスト選者)
「桃」は異世界と、この世を結ぶ不思議な果実である。
中国の崑崙山(こんろんさん)にすむという仙女、西王母(さいおうぼ)が育てる桃の霊力にあやかっている。この仙女の桃(三千年に一度開花し、三千年に一度しか実をつけない)を食べると、不老不死になるそうだ。最近、奈良県桜井市の纏向遺跡で、2千個にも及ぶ桃の種が大量に発見され、卑弥呼の墓!と騒がれ「邪馬台国大和畿内説」が元気づいた。明らかではないが、桃は祭祀に使用していたのだ・・と!桃には霊力がある。桃の節句、桃酒、桃太郎の鬼退治・・。
西東三鬼の「桃」は現代の桃源郷?

「遥照」では、すっかりお馴染みの四国の若手俳人涼野海音さんの快挙の知らせが届いた。「俳句」七月号で佐藤文香・中山奈々・黒岩徳将・堀下翔さん等と、若手29名の競詠にも選ばれている。
祝「第5回俳句四季新人賞」
 「天へ発つ」涼野海音  (30句より)
屋上に一人のバレンタインデー
踏青のみな太宰より若きかな
滝水のひかりが胸に移りたる
日輪のかすかに暗し青芒
起し絵の幼帝に日の差しにけり
箱庭の真ん中に置く一樹かな
読初の銀河鉄道天へ発つ

「前所属結社の「火星」「草蔵」では、客観写生を叩きこまれてきたが、これは私の俳句の方向性だと確信している。季語の現場に出て、しっかりと物を見て、自らの実感を重視し具象的に詠む。これが私の目指してきた俳句である。海音」
  新人賞奨励賞からも一部・・
「交信」 鈴木加成太
嘘なべて恋とかかはる日永かな
扇風機つけてポラリスとの交信
鳴らすたびギターが思ひ出すキャンプ

新鮮な俳句がいろいろ出てきたが、FB(フェイスブック)で交流のある金子敦さんを紹介しよう。
※1959年生まれ「砂糖壷」にて第11回俳壇賞受賞・・俳句会のスイーツ王子としても有名だ。
さざなみの形に残る桃の皮   金子敦
無花果の中に微細な星あまた    〃 
夏休みマーブルチョコの赤青黄   〃  

少年のような感性、やわらかく、やさしいタッチの俳句が魅力的だ。“猫大好き俳人”として始まったお付き合いだが、猫のようなスタンスに癒されている。
第5句集「音譜」から
ボンカレーの看板錆びて花カンナ  金子敦    
噴水はまこと大きな感嘆符      〃

つぎつぎ音楽の様に、生みだされる噴水と俳句が・・・・ああ感嘆符!
             やんぬるかな!

スポンサーサイト

Posted on 2017/07/23 Sun. 07:50 [edit]

category: やんぬるかな

TB: 0    CM: 0

23