06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

平成29年いながわ桜まつり  第4回俳句大会 

いながわ桜まつり実行委員会主催の「第4回俳句大会」  
      選者工藤泰子・北村柳虹
  後援:猪名川町・猪名川町商工会・猪名川観光協会
一般の部
  工藤泰子特選 
猪名川のさくら川風あまやかに   西分慶雄       
 入選
スケボーの子が指させる朝桜    涼野海音
波のごと万朶の桜俯瞰する     三宅二三子
桜咲く青春の門ひらくなり      竹中留美子
ちりぎはのまた桜かな桜かな    葛西正機
花吹雪ゆめもうつつも包みけり   織田亮太朗
 北村柳虹特選
桜咲く青春の門ひらくなり      竹中留美子      
   入選
スケボーの子が指させる朝桜    涼野海音
ちりぎはのまた桜かな桜かな     葛西正機
ほつこりと地蔵も笑みて夕桜     織田美代子
ひとひらのさくら手に受け笑み返す 上田純子
提灯が照らす桜や夢心地      杉村明日香
  工藤泰子選
 小学校の部
まんかいになったさくらはうかぶ雲  中村春葵
花びらがふるさといっぱいひらひらり  東山晃典
さくらみてわたしのきもちさくらいろ   大嶋一花
 中学生の部
春が来て町がそまれば十四の     徳留優樹
春風が運んでゆくは僕の声       加藤遥人
さくら咲く始まりの時笑顔咲く      仁部太貴
 高校生の部
花びらはひかりを浴びて散りにけり  奥村翼
  北側柳虹選 
 小学校の部
花びらがふるさといっぱいひらひらり   東山晃典
さくらみちとおるわたしはさくらいろ    岡本悠雅
さくらの木おはなをさかせドレスきる   藤田実優
 中学生の部
さくら咲き新たな一歩歩みだす      薄田瑞希
桜咲き笑顔あふれる猪名川町      平家若奈
 高校生の部
舞う桜出会いの季節連れて来る     大重芳愛
 
スポンサーサイト

Posted on 2017/07/11 Tue. 08:47 [edit]

category: 俳句

TB: 0    CM: 0

11