06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照7月号2017 

               201406040928000.jpg
白に酔ひむらさきに醒め菖蒲園       佐藤宗生
植ゑつぎの植田に老の影二つ        花房柊林
花は葉に過去と未来の入り乱れ       甲斐梶朗
学校のチャイムのとどく葱坊主        石津淡紅
一つの訃こころに畳み青葉雨         中西八千代
菖蒲園数上回る傘の色            山崎靖子
桐の花こぼれて色香失はず         竹地恵美
黒揚羽庭のこぼれ日欲しいまま       牧明子
溝川に光散らして田水引く          古川澄子
井田に添ふ曲水の涼しさよ          森脇八重
雲海の解け稜線の御来光          原房枝
母の日や無欲といふを学びたり       柚木寿代
小流れの水面を塞ぐ花太藺         森靖子
母のよに胡瓜を刻む音が好き        久戸瀬孝子
明け初めて植田に映る残り月        大野雅子
栴檀の花ひろがりに空模様         大室瀧子
群なして大小の水脈残り鴨         山下和子
枝に籠かけて小梅をもぎにけり       石井弘子
巣立ち鳥一番二番誇らしく         藤沢絹子
溜池に声を落として牛蛙          徳永保美
尺取に一身上の都合あり         土屋鋭喜
見つめゐる吾の影の先苔の花       山下卓郎
仏壇の母へぽつぽつ豆ご飯        浅野陽
グーの手に宝物なる蜥蜴の子       南みどり
父の日や父の句集の父の声        工藤泰子
スポンサーサイト

Posted on 2017/07/05 Wed. 20:14 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

05