10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

やんぬるかな59 

やんぬるかな59  
をりとりてはらりとおもきすすきかな 飯田蛇笏
蟷螂のよろりと枯れを尽しけり  石津淡紅

前回は、“この「はらり」「よろり」この俳句のよろしさを味わうのに、秋は良い季節だ!”で終わった。さてこの「はらり」と「よろり」の様な副詞は経験的に理解しているが、実際には、視角、聴覚、触覚どの感覚で感じる取るのだろうか。
副詞の「はらり」を辞書で調べると例文に
「花びらがはらりと散る」
「髪がはらりと解ける」などがある。
それに「と」を伴う「はらりと」は擬態語になる。
ハ行なら「はらり」「ひらり」「ふらり」「ほろり」・・・
ヤ行なら「ゆるり」「よろり」などが思いつくが、これら物事の状態や様子などを感覚的に音声化して表現するのをフランス語では、「オノマトペ」と言う。「オノマトペ」は「擬音語・擬声語・擬態語」を包括したものだ。その数は文化圏の拡がりに伴ってどんどん増殖する一方だ。思いつくまま並べても、「あらあら」「いろいろ」「うろうろ」「おろおろ」「からから」「きらきら」「くらくら」「じわじわ」「ばらばら」「ほろほろ」「よろよろ」と無限だ。
日本人の心に沁みる演歌を解剖してみよう。八代亜紀の「舟歌」(阿久悠作詞)が歌いやすく、耳に残るのは、歌唱力と曲もさることながら、オノマトペのリフレインが、心地よく酔わせてくれるからだ。「しみじみ飲めばしみじみと」「ほろほろ飲めばほろほろと」・・「歌い出すのさ舟歌を~~」
さて恒例の流行語大賞の時期が来た。その年に流行った言葉、ギャグ、人物、新造語などから、大賞候補作品がノミネートされた。12月1日の発表前の下馬評はいかがだろう。個人的に気になるものを挙げよう。
●マイナンバー
●ゲス不倫・センテンススプリング;ベッキーとゲスの不倫を暴露した週刊文春の「文」=センテンス(sentence)、「春」=スプリング(spring)が由来。
●『G7(先進国首脳会議)』伊勢志摩サミット
●東京五輪エンブレム「組市松紋」野老朝雄
●笑点五十周年・(司会は桂歌丸→春風亭昇太)
●EU離脱
●日米通算三千本安打記録(イチロー)
●SEKOI(せこい)マスゾエする・第三者機関
●十八歳選挙権
●安倍マリオ
●ポケモンGO
●SMAP解散
●映画「シン・ゴジラ」
●アニメ「君の名は」興行収入百億円を突破。
●築地市場移転問題・盛り土
●神ってる;広島カープが25年ぶりのリーグ優勝
●コミック「こち亀」終了。40年連載最長記録
●『PERFECT HUMAN』お笑い芸人のオリエンタルラジオのダンスパフォーマンス。
●「ペンパイナッポーアッポーペン」謎のシンガーソングライター・ピコ太郎の楽曲。
●都民ファースト●アスリートファースト●レガシー
●トランプ旋風  
 
正式名「ユーキャン新語・流行語大賞」(自由国民社)は今年で33回目となる。もっとも世間に影響を与えたと思われるフレーズが表彰されるが、オリンピック関連、東京都庁問題、アメリカ大統領選挙などメジロ押しだ。
 因みに、2015年の大賞は「爆買い」・「トリプルスリー」だった。その他「一億総活躍社会」「五郎丸(ポーズ)」「ドローン」などがあった。
余談だが、十一月十三日の岡山市民マラソンに「そんなの関係ねぇ(2007年のトップテン)」の小島よしお(タレント)が参加していた。ゴール直前の一番しんどい時に、テレビカメラにそのギャグを披露し、芸人根性を見せていた。
さて江戸時代にも「キレキレ」のオノマトペの句がある。芭門十哲の一人、内藤丈草(じょうそう)は江戸前期の俳人だ。「ほこほこ」の使い方は、湯気が出そうな暖かい感じ!江戸中期の俳人高桑闌更(らんこう)の「ひらひら」の月光と翅(つばさ)の描写は前衛的で新しい感覚だ。
ほこほこと朝日さしこむ炬燵かな   丈草
月ひらひら落来る雁の翅かな      闌更
他にも、目から鱗の感覚の俳句!
ひうひうと風は空ゆく冬ばたん   上島鬼貫
とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし
妻が留守の障子ぽつとり暮れたり  尾崎放哉
冬の日のくわつと明るき一と間かな 村上鬼城
しんしんと寒さがたのし歩みゆく  星野立子

 いよいよカレンダーは残りの一枚になった。テレビのマスコミの過熱にはうんざりと言う人には、冬籠りの句を参考にしてもらいたい。
今、「生来の芸術上の貴公子」と評された松本たかしの句に惹かれている。能楽の名家に生まれるが、病の為に能を断念した彼の世界観、無常観がたまらない。
夢に舞ふ能美しや冬籠      松本たかし
人間の海鼠となりて冬籠る     寺田寅彦
冬ごもり世間の音を聞いて居る   正岡子規
 
現実の地球では、ポーカーではないが、ストレートフラッシュ?でトランプ候補が勝利した。韓国では百万人規模で朴政権に抗議のデモが行われている。海の向うと言ってはおれない状況だ。
へろへろとワンタンすするクリスマス 秋元不死男
木枯に星の布石はぴしぴしと   上田五千石

へろへろ」のあとは「ぴしぴし」も良い。
ここ、天文台の町の夜空には、どの様な布陣が敷かれるだろうか?
カフカ去れ一茶は来たれおでん酒 加藤楸邨
おでん酒なら理屈は要らない。        やんぬるかな!
スポンサーサイト

Posted on 2016/11/21 Mon. 21:31 [edit]

category: やんぬるかな

TB: 0    CM: 0

21

広島の三景園 

恒例の庭木の研修で、「たけはら」と三景園に行きました。
三景園のすぐ横に、広島飛行場があります。
三景の三つのゾーンは「山のゾーン」「里のゾーン」「海のゾーン」です。
 この庭園の特徴は、約7000トンにも及ぶ広島県内産の自然石と空港工事で出た石を使っていることで、雄大な”庭園景観”を造っています。また植栽に用いた樹木は「山取り」といわれる造園の手法で、自然林から直接移植しました・・
四季を問わず見どころ満載の公園です。

 もみじ谷の紅葉のグラディエーションも大海の鯉もステキですよ。

DSC_2000.jpg

Posted on 2016/11/19 Sat. 13:03 [edit]

category: 竹林の会

TB: 0    CM: 0

19

浪漫てくてく「たけはら」 

NHKの連ドラの町「たけはら」に来ました。
竹鶴酒造、竹鶴政孝とリタ像・頼山陽の銅像と漢詩・西方寺、普明閣・旧笠井邸・藤井酒造、酒蔵交流館などを訪ねました。
DSC_1967.jpg DSC_1976.jpg DSC_1985.jpg DSC_1974.jpg
DSC_1995.jpg

  


Posted on 2016/11/18 Fri. 12:27 [edit]

category: 竹林の会

TB: 0    CM: 0

18

安芸の小京都・竹原の町並み 

旧笠井邸の二階から撮影しました。笠井邸は塩で財をなした家で、今は地域の人が管理しています。受付のお姉さんが津軽三味線を弾いてくれました。DSC_1967.jpg

Posted on 2016/11/18 Fri. 10:30 [edit]

category: 竹林の会

TB: 0    CM: 0

18

遥照11月号(28年) 

                  DSC_1757.jpg
田の神を燻して秋を収めけり      佐藤宗生
月光やピカソの青の時代あり      花房柊林
コスモスの揺れて三色のみならず   甲斐梶朗
雲居の月のぼる弦楽四重奏      石津淡紅
野分して空のにごりを一掃す      牧明子
抽斗に使はぬルージュ十三夜     中西八千代
これ以上笑へぬ柘榴残りけり      山崎靖子
バス停の標傾げり草紅葉        竹地恵美
安楽死だっただろうか雄蟷螂      古川澄子
鯉の背の集ふ水面や晩夏光       森脇八重
神懸りカープ優勝秋赤し         土屋鋭喜
秋天や巡回体操いちにさん       原房枝
秋の灯にたたみて白き洗ひもの     森靖子
汲み上げしポンプの軋みさとの秋    久戸瀬孝子
澄む水を両手に掬う空の色       虫明有菜
夕焼けがとけて真っ赤に空と海     竹中保夫
水澄むや鏡のやうに映しをり      柚木寿代
月代や白黒写真の庭木立        山下卓郎
ゆるゆると辿る人生秋夜長        中西登美
爽やかや楽器ひとつを身ほとりに     浅野陽
明日帰る子等の弾みし花火の輪     南みどり
魚籠に挿す芒に風の記憶かな      工藤泰子

Posted on 2016/11/06 Sun. 10:55 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

06

第11回浅口市俳句大会 

DSC_1793.jpg
DSC_1792.jpg

第11回浅口市俳句大会が10月15日(土)に浅口市中央公民館で開催されました。
応募句の部
 小学生の部
>浅口市長賞;
教科書は一人ぼっちの夏休み   道広尚次(寄島小)      
青空をキャンバスとしていわし雲  田村彩華(鴨東小)
 中学生の部
浅口市長賞;
ししおどし水が溜まれば秋の音  瀬尾晋次郎(金中)
くる度に思いが募る原爆忌     小野真依 (〃)
 一般の部
浅口市長賞;仲直りもう出来ている木の実独楽   佐藤宗生
浅口市教育長賞;雲海の音なき波のうねりかな   川崎昭郁
文化連盟会長賞;土に生き村に生き来て稲の花  牧明子    他
 当日句の部
 文化連盟会長賞
枯蓮にのこる反骨ボブ・ディラン       土屋鋭喜
 秀逸賞
神に穂を仏に飯を今年米             応本義朗
風止みて一息入れる秋桜             笠原恵美子
子らの声秋天に抜け滑り台            古川澄子
稔リ田の一枚づつに持てる貌           森脇八重
収穫を労らう梵鐘豊の秋              原房枝

Posted on 2016/11/01 Tue. 11:45 [edit]

category: 俳句

TB: 0    CM: 1

01