04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

やんぬるかな53 

   やんぬるかな53  工藤泰子
草の絮ファウルボールを追ひかけて 嵯峨根鈴子
反撃のチャンスはんかち畳み終へ    〃

 はんかちはハンカチーフ夏の季語である。2006年甲子園を沸かせたハンカチ王子・斎藤祐樹の青いハンカチをを思い出した。早稲田大学へ進学し、大学を日本一に導いた王子だが、プロではパッとしていない。一方の田中将大は、楽天、ニューヨーク・ヤンキースと、とんとん拍子だ。反撃は、守るだけではダメ。攻撃=俳句へのさらなる挑戦!の決意と見て取れた。ちょうど、前回(52)を書き終わったころ第3句集「ラストシーン」が届いた。またまた思わせぶりなタイトルだ。この本は、いずれ紹介することにして、さわりだけ・・・・
  紫陽花のはしやすぎたる翳りかな 嵯峨根鈴子
  でんでん虫こゑを漏らしてしまひけり  〃
 
さて、俳句賞はたくさんあるが、句集に与えられるものと、作品に与えられるものがある。
句集では「現代俳句協会賞」・「読売文学賞詩歌俳句賞」・「俳人協会賞」・「蛇笏賞」・「俳句四季大賞」等があり、今年の第34回「詩歌文学館賞」は、運河主宰の茨木和生『真鳥』が選ばれた。この賞の歴代受賞者には、平畑青塔、加藤楸邨、永田耕衣・金子兜太・鷹羽狩行・宇多喜代子・有馬朗人などそうそうたる俳人が名を連ねている。
東吉野で毎年開かれる「運河」の句集祭は急遽受賞のお祝い会となった。
一方の作品に与えられる賞では、“俳句界の芥川賞”と呼ばれる「角川俳句賞」(選考委員は正木ゆう子、仁平勝、小澤實、高野ムツオ)や「俳句研究賞」等があり、50句で争われる。「俳壇賞」、「俳句朝日賞」など30句のものもある。常連の応募者も多くとにかくハードルが高い。
角川俳句賞は、予選通過作品から本に掲載される。
谷口智行さん(「運河」里」「木偶の会」・・)の「候補作品」「西ようず」を少し紹介する。
※西ようず;春先に西日本で吹く南風を「ようず」と呼ぶ。南西からの風は「西ようず」※
海底は沈木の森西ようず     谷口智行
きりぎしの道の曲りの緑雨かな   〃
磯馴松磯馴姥目に薬降る      〃
彼は現役の医者で、「運河」の編集長でもある。
※句集「藁嬶(わらかか)」「媚薬(びやく)」、俳句と文章「日の乱舞物語の闇」、評論集「熊野、魂の系譜」など※
難解な句ばかりだ。曼荼羅のような世界観に圧倒されながらも、辞書を片手に解読すれば、ゲームより楽しめること請け合いだ。

 今度は、新人賞に目を向けよう。「星野立子新人賞」は20歳以上、50歳未満の人による未発表50句が条件である。この第4回の賞に、四国の涼野海音さんが選ばれた。昨年8月、「遥照本句会」に海音さんが来訪された時には、「えっ!若い!」と驚いた人も、「やっぱ凄い!びっくりポン!」と喜んで欲しい。今年も倉敷俳句大会のゲスト選者だ。
今(なう)岡山は、黒岩徳将代表の「もも句会」の新風が吹き荒れている。楽しみになって来た。
 「星野立子新人賞」(男女各一名)  一部・・
    大西 朋 『初筑波』
電球を淋しくしたる蜘蛛の糸
 飛び石の真中くぼみて秋の声
    涼野海音 『手毬つく』
釣堀に一番星の映りたる
父の日の拳に夕日とどまれる

父と子の間に回る扇風機

海音さん(「火星」「晨」同人、「草蔵」会員)は、平成23年「石田波郷新人賞」、25年に「北斗賞」を受賞されている。北斗賞の応募作品150句は句集「一番線になった。
「一番線」
   海の日の一番線に待ちゐたる
  青葉風小舟のやうなスニーカー
  ひげ剃つてどこへも行かず羽抜鶏
  箱庭に倒れしままの釣人よ

 海音さんに、入賞の秘訣を伺いたいが、まずは応募することだ!と一笑されるだろう。
       
 もう一人、私の尊敬する俳人に登場してもらおう。俳句文学界(俳人協会会報)、NHK俳句大会、芭蕉祭、各地の全国俳句大会などの、大賞や特選の名前を探してみると、「あるある『小畑晴子』!」となる。
 〈小畑晴子プロフイール〉昭和15年大阪生。昭和42年「山茶花」入会。昭和51年「数珠玉」上梓。62年「山火」上梓。「かつらぎ」入会。阿波野青畝、森田峠に師事同人。「勾玉」上梓。平成16年「晨」入会、同人。18年「天為」「運河」入会、同人。有馬朗人、茨木和生に師事。俳人協会会員。俳句教室講師。吟晴句会講師。
40年のキャリアもさることながら、師事されている俳人の名にタジタジとなる。そもそも俳句環境の質が違うのだ。まさに“俳句を旅する”“俳句と生きる”“俳句を暮す”俳人なのだから・・・
第四句集「白帝城を頂いた。「天為」主宰有馬朗人氏の序文の一部を紹介する。(句集の命名と選も)
 天の川白帝城にしぶきけり   小畑晴子
 【小畑晴子さんの作品には品格があり、豊かな教養が滲み出ている。そして、俳句の骨法に通じていて、しっかりした俳句を作る。古希を迎えられ、ますます元気で意欲に溢れた晴子さんの、この「白帝城」が暖かく世に迎えられることを心より祈念する。有馬朗人】
書評も相当の書き手ばかりで、大いに勉強になった。
【白帝城は四川省奉節県にあって長江に臨む。李白の七言絶句「早に白帝城を発す」で有名。晴子さんは船で長江下りをされたのであろうか。「天の川」「しぶきけり」と大景を詠んだ。「白帝城」に負けない調子の句になっている。 天為書評より】
晴子さんの句には、写生の裏打ちがあり、単なる説明になっていない。「抒情性に満ちた・・」と有馬先生も感心されている。
たくさんの句を紹介しよう。人名・地名が巧みに整えられた美しい句姿に惹きこまれる。
  熊楠の庭とりどりの梅雨茸
※南方熊楠;世界的博物学者、粘菌研究で知られる。
   奥入瀬の流木を焚く夏炉かな
   夜光杯上げ敦煌の月を待つ

※夜光杯( やこうはい)は玉で作られた杯、中国甘粛省酒泉の特産。月光の下でそれをすかすと杯に光がある
  空海の山をかけ抜け日雷
   月山の霧に消えたる解夏の僧
   日蓮の島へ夕虹くぐりけり
   踏絵する足に玄海ひびきけり

 季語との取り合わせが絶妙!まさに芸術!
  忘れ潮いくつもとびて磯遊び
  まひまひは円を描かず涅槃変
  日雷摩利支天より転げ来て
   新涼の弥撒に膝折る古畳

  百畳の畳に解けし雪安居   
  灯を消してより匂ひ立つ菊枕
 

 さて、伝説の小畑邸はトロフィーと盾が入りきらないほど(300?)と聞く。「月日は百代の過客にして・・日々旅にして旅を栖とす」現代の芭蕉の様だ。
友人の草地明子さん(運河・摩尼会)が次の様に評した。
【大きな景から繊細な感覚まで、一句の中に的確に、そして過不足なく詠みとめられています。運河書評より】

 栞たるハーブの匂ふ曝書かな  晴子 
曝書の本は何?栞は何処?
晴子マジックの秘密のページが覗きたい。
                やんぬるかな!
スポンサーサイト

Posted on 2016/05/26 Thu. 10:01 [edit]

category: やんぬるかな

TB: 0    CM: 0

26

青桐舎の五月の節句 

アンテイークな五月人形や武者人形・・桃太郎など・・楽しいですね。柏餅は縮緬細工ですDSC_1338.jpgDSC_1336.jpgDSC_1337.jpg

Posted on 2016/05/21 Sat. 15:11 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

21

遥照5月号2016 

             DSC_1249.jpg
呆け山ここにもありて閑古鳥      佐藤宗生
母眠る墓石抱ける木の芽かな       花房柊林
わがままな野火の行手に水を差す    甲斐梶朗
花疲れ夜具を鳥毛のとび出だす     石津淡紅
生涯n花の一句を探しけり         中西八千代
山笑ふ峡の一戸を膨らませ        山崎靖子
辛夷咲く鹿子模様に山染めて       竹地恵美
生命線皺にまぎれて春おぼろ       牧 明子
公園の春の足跡風が消す         古川澄子
本陣の甍映へたる新樹光         森脇八重
旅立ちに吾が子見送る花三分      原房代
家族葬にしたとの知らせ春の雷      土屋鋭喜
侵蝕の川岸覆ふ犬ふぐり          森靖子
約束のやうに生えたる蕨かな       久戸瀬孝子
シャッターを開けてつばくろ待ちにけり  石井弘子
花見ござ自己満足の歌披露        藤沢絹子
花人や厄除け坂を登り来て         柚木寿代
ふる里の訛披露の花の昼         虫明有菜
辛口のカリー弁当花散らす         山下卓郎
ままごとのトロフィーとする蕗の薹     中西登美
再会の指切りをして卒業す        浅野陽
濯ぐ手をとめて聞きいる初音かな    南みどり
蒲公英の芯だんだんと見えて来し    工藤泰子

Posted on 2016/05/04 Wed. 11:52 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

04