03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

やんぬるかな52 

やんぬるかな52  工藤泰子

 前回はとびきりの詩魂の持ち主、友人の嵯峨根鈴子さんの三句で締めくくった。
 土筆煮る星のきれいな夜のこと 嵯峨根鈴子
ひんやりと春の把手が掌にのこり  〃
とびきりの月をあげたりふきのたう  〃
 
彼女の発想や表現は桁違いなので、取扱いは要注意だが、自由勝手に遊んでみた。
〈土筆が野に在るとき見上げていた空〉は岡山の星空に違いなく、〈把手を廻してしまえば〉そこは、もう故郷の春が広がる。〈とびきりの月をあげる〉とはどんな月だろう。蕗の薹の“薹が立ったもの”は『蕗のおばはん』と言うそうだ。このふきのたうは、少し苦味もあるが、初々しいうら若い女性を想像する。月と女性の間の距離感を絶妙に表出した。
嵯峨根鈴子略歴:
1949年 岡山県生まれ
1998年 「火星」入会
2004年 「火星」退会
2005年 同人誌「らん」同人
2006年 第一句集『コンと鳴く』(らんの会)
2007年 現代俳句協会会員
2011年 第二句集『ファウルボール』(〃)
彼女の不思議な魅力の背景を探ろうとエッセーを覗いてみた。
「あのころ1」
 「昭和は三十年代半ばの頃、小学生の私が住んでいた出で湯の郷は、また大いなる色町でもあった。昼下がりの湯屋は、その道の踊り子さんやら、芸者の御姐さん達のものであった。気質(かたぎ)のお母さんや、子供等で混み合う夕刻までのほんの一時のこと。・・・・・・ある日の午後、小さな女の子が一人、お姐さん達に紛れて湯舟に浸かっていた。そこでは誰もが自分自身のことにのみ熱心で、人のことには目もくれない。・・・・・時間は、静かに豊かにあり、女達は春の女神のように、無心で、大胆で、唯ひたすらに美しかった。が、私の記憶は此処で途切れる。見馴れた近所のおばさん達の声と、古い団扇の風を真上に感じて、気がついたのは、番台さんの畳の上であった。
  ヌード嬢の踵透けゐるヒヤシンス
あのころのことである。」

鈴子さんと知り合ったのは、私の句友の堀瞳子さん(運河・木偶の会)が鈴子さんと俳句仲間(火星)だったからだ。句柄は違うが、二人共、才気煥発で魅力的な人だ。
その鈴子さんは、結社を出てから2004年に「俳句朝日賞の準賞」を受賞し注目の人となった。選考の経緯に「俳諧的なしたたかさ」「ボキャブラリーの豊富さ」が挙げられている。作品「玉手箱」三十句の中から一部を紹介しよう。
札の皺のばして使ふ草の市
  ラムネ飲む空のこくんと鳴りしとき
  聖戦の最中なるかな玉手箱
  いなびかり叺(かます)の口が突つ立つて
  みどりの日ボタン孔から金釦
  紙風船畳に影を置きにけり

そのしばらく後のことだが、鈴子さん、瞳子さん高道章氏(運河・鳳)と私の四人で、谷口智行氏(同年、朝日俳句新人賞受賞)の住む和歌山県の熊野へと訪問する運びとなった。俳句スポット!霊的スポット!などを大興奮で吟行し、句座と酒宴で盛り上がった?ことも懐かしい。
 さて第一句集「コンと鳴く」は絵も字も書く鈴子さんならではの装丁だ。帯文には「らんの会」の鳴門奈菜さんの序がある。
 〈嵯峨根鈴子は俳句憑き、つまり俳句に憑かれてしまった人、そして俳句が自分に憑いたようなふりをしているが、憑かせたままにしている鈴子さんがいる。〉とある。
 この句集は、「序」「からくり」「戯れ合うて」「春やむかし」「つつがなし」「はりぼて」「あとがき」からなっていて、自筆のタイトルからも、前衛的な感覚におちいる。さて何が「からくり」なのだろう。
  竹の皮狐になってしんぜませう
筍が生長すると、下の節から順々に皮が落ち緑色の若竹になる“竹皮を脱ぐ”様に“私”が脱皮して“狐”になる????・・・・さてさて・・
葛の葉の草鉄砲よコンと鳴く
「あとがき」をみて、舞台とからくりに納得した。
  ふるさとは大字田羽根しぐれけり
 「変哲もない句であるが、この大字田羽根というのは、岡山県美作の名湯、湯原温泉に隣接する木地師の村である。藤本浩一著「木地山紀行」に詳しいが、ほぼ全村同族の小椋姓の村である。川が一本、道が一本、あとは山ばかりの、この村に私は生れた。中学一年生までを、田羽根と湯原温泉とで過した。」とある。
インターネットの“増殖する俳句歳時記”で、詩人の清水哲男さんが、次の句を取り上げている。
箱眼鏡うしろ山より夜はみつる                           
「季語は「箱眼鏡」で夏。三十センチ四方ほどの箱の底にガラスを張ったもので、これを水面に浮かべて、水中を見る。川瀬などに入り、覗きながら鉾(ほこ)か鈎(かぎ)を使って魚をとる道具だ。・・・中略・・無心に川を覗いている男の子の無防備な背後から、音も無くしのびよってくる闇の世界。私なりに連想を飛ばせば、掲句は人生の比喩にもなりうるわけで、あれこれと物事にかまけているうちに、「うしろ山」では途切れること無く、静かに「老い」という「夜」が満ちつつある。やがては、その「夜」が一人の例外も無く闇の世界に引きずり込んでしまうのだ。簡単な構図の句ではあるけれど、その簡単な構図で示せる土地に、実際に暮らした者でないと、こういう真に迫った句は書けないだろう。傑作だと思う。」と、べた褒めだ。

第2句集「ファウルボール」も帯文から見よう。
「『俳句の崖っぷちを覗いてみたい』と言うのが望みであるが、その途中の日々にこそ俳句はあるのだとも思える。……私は俳句を引っぺがしたりからかったり、時には裏切ったり裏切られたりしながら、たっぷり道草食っている。どこかへ辿り着けるのだろうか?」これは「ちかごろ」というあとがきから引いている。
 この句集も同様に、自筆で書かれたタイトル「まひまひかぶり」「紙飛行機」「他所の街」「卵」「右半分」「あとがきに代えてエッセー」が魅惑的な味を出している。
 薇の疑うらくは地動説  「まひまひかぶり」
すひかづら紙飛行機の遺書ならむ「紙飛行機」
しやぼん玉あるいは出口かも知れぬ「他所の街」
噴水の非常口から入りたまへ  「〃」
佐保姫のときどき白き平手打  「卵」
貝柱そこで何をしてをるか   「〃」
島一つ戴く約束スイトピー   「〃」
菊 に綿被せて大阪道修町    「右半分」
借景の右半分を鳥帰る     「〃」

さて表題の“ファウルボール”だが、境界はどこで、どこにボールは飛んで行っているのだろう。ファウルとヒット(ホームラン)との境界?俳句なのか何なのか?判定を想定してみると、相手チームのミットに納まるまではセーフなのかもしれない・・。
ぎりぎりの崖っぷちを楽しんでいる鈴子さんの次の句集は、5月に出版されるそうだ。

 草の絮ファウルボールを追ひかけて
 反撃のチャンスはんかち畳み終へ
 
            やんぬるかな!
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/30 Sat. 10:43 [edit]

category: やんぬるかな

TB: 0    CM: 0

30

滑稽俳句NO92  

DSC_1239.jpg

今月の秀逸句
 包囲網天網恢恢鳥曇 工藤泰子
        ・・・・・そこをなんとか抜ける悪者  (八木健)

Posted on 2016/04/23 Sat. 07:07 [edit]

category: 俳句

TB: 0    CM: 0

23

遥照4月号(2016) 

                     DSC_1090.jpg
初蝶や風にも重さあるごとく        佐藤宗生
風呼んで透明となる野焼きの火     花房柊林 
まんさくの影さざなみに乱さるる     甲斐梶朗
蜜柑船喫水深く着岸す           石津淡紅
一幅の浦島の亀鳴きゐたり        中西八千代
啓蟄や土竜おどしの鳴り止まず      山崎靖子
古びたる火の見の櫓風光る        竹地恵美
春の貌もって万物動き初む         牧明子
地虫出ずムシケラなんて呼ばないで   古川澄子
春めくやそろそろ力抜く齢          森脇八重
当番で守る町家や雛吊るす        土屋鋭喜
護摩焚きて浅き春空焦がしけり       森靖子
濯ぎいる水の角とれ春隣           原房枝
春隣植木鉢など並べ替ふ         柚木寿代
解かるる犬の首輪や下萌ゆる       久戸瀬孝子
磯の香を籠に閉じ込め初若布       石井弘子
蕗味噌の苦味噛み締む独り酒       山下卓郎
文机に平素のくらし梅の花         中西登美
新しき大地を得たる龍の玉        浅野陽
ときどきは早歩きして春隣        工藤泰子

Posted on 2016/04/03 Sun. 13:04 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

03