10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

やんぬるかな47 

         P1100690.jpg
やんぬるかな47  工藤泰子
 前回は楸邨、誓子、草田男の句と次の句で終わった。
   秋風や模様のちがふ皿二つ    原 石鼎 
この句の前書は「父母のあたゝかきふところにさへ入ることをせぬ放浪の子は伯州米子に去って仮の宿りをなす」となっている。吉野時代の後、山陰地方を放浪中の句である。食卓の上に置かれた模様が異なる二枚の皿のように、人間もまた一人として同じ者はない。分かり合えない苦しみや寂しさを「秋風」に感じている。背景には、恋愛事件もあると言われている。
山本健吉は「二枚の皿の模様の違いという些細なものをとらえて、しかもそこに打ち出された作者の主観は非常に強いのである。」と解説している。
 石鼎(せきてい)は、出雲の代々医者の家系に生まれた。学生時代、文学活動に熱中し、やっと京都医学専門学校に入学するも、二度の落第で、放校処分となった。26歳の時、吉野の鷲家村で次兄の医業を手伝いながら、「ホトトギス」に投句していた。
虚子に「大正二年の俳句界に二の新人を得たり。曰く普羅、曰く石鼎」とまで評された。
しかしながら、帰郷した折に、医者になれなかったことを叱責され、両親から勘当され、再び放浪を始めてしまう。同情した虚子に呼ばれて「ホトトギス社」に入社。その後も「東京日日新聞」嘱託、志賀コウ(原コウ)との結婚などを経て、「鹿火屋(かびや)」を発行、主宰(35歳)に至る。関東大震災以降は神経衰弱に苦しみ、虚子との対立は深まった。
註【高浜虚子が主宰した俳句雑誌「ホトトギス」は数多くの有力作家を輩出した。その第一の波とも言うべき作家群は、大正初期に集中して登場した村上鬼城渡邊水巴、前田普羅、飯田蛇笏、原石鼎等であり、これらの作家は「大正ホトトギス作家」と総称される。大正ホトトギス作家の作品の特徴は、自然の事物の描写を通して、永遠なるもの、神秘的なものへの憧れを高らかに表現する ところにあった。その文体は古風で格調高い。俳句の題材となるのは、山や谷、海、空など、スケールの大きい景色であり、またそのような大自然に囲まれた人間の生活であった。】
 
   頂上や殊に野菊の吹かれ居り     石鼎
東吉野村は、原石鼎の俳句開眼の地である。
この深吉野の石鼎を語る上で欠かせない場所が、鳥見霊畤址(とみのれいじあと)である。鳥見霊畤は、神武天皇が橿原宮で即位の後、戦勝を神に感謝して秋津野の鳥見山中に建てられた祭りの庭で、宇陀や吉野の山々を一望できる「頂上」であった。ここで石鼎が、霊感に打たれて詠んだのが、掲句である。
【山本健吉】季語や主観語でもないもの初語の「や」止めに用いた無造作さ、「殊に」という一種の素人くさい言い回しなど、こういった句が大正期の俳句界における軽やかで自由な表現のさきがけをなした。
【虚子】頂上や、という一言での舞台設定。殊に、という感動の強め。ひたすら吹かれている野菊で象徴(文学的昇華)を極めている。明確な対象把握、勇壮で大胆な知的作風。 石鼎の主観的写生の極致。
次の「鹿火屋」の句は、石鼎が、「鹿火屋守」の句ができたときの淋しさを一生忘れまいとして誌名としたといわれている。草深昌子氏の評によってここまで俳句は立ち上がるのだと感動したので、紹介したい。

  淋しさにまた銅鑼うつや鹿火屋守    石鼎
草深晶子】鹿火屋(かびや)は、夜中に鹿や猪が出て来て農作物を害するのを防ぐため、火を焚いて警戒する番人の小屋である。森閑たる静寂が一句には長く存在している。谷に反響するであろう余韻余情がそのまま吉野山中の奥深さであり、一句の奥深さでもある。鹿火屋守たる山人の、捨て鉢ともいえるような所作が、なにがなし典雅な色合いを帯びて認識させられるのは、淋しきが故に打ち鳴らしたと感受した石鼎その人のさびしさに連動しているからであろう。誰しも、目前にあるものを打ち鳴らさずにおれぬのは、生きて在ることのさびしさからではないだろうか。
 鹿火屋守はまるで石鼎その人のようである。石鼎俳句の蒼古たる抒情は、ここに端を発しているのであろう。吉野時代のどの句も、濃密でありながらその表現はねばらない。(深草昌子ブログより)
石鼎は、十二月二十日、「私の骨を吉野に」の言葉を残し、亡くなった。六五歳だった。
        辞世句
   松朽ち葉かヽらぬ五百木無かりけり  原 石鼎
彼の死後、「鹿火屋」主宰は妻のコウ子、養子の原裕、現在は原和子(裕の夫人)が継承している。
  瑠璃ながす空に一鳥 石鼎忌     原 コウ子
  杉山の荒れを痛めり 石鼎忌      茨木和生
  
  俳人協会賞受賞藤本安騎生句集「深吉野」より
   深吉野に棲みて九年 石鼎忌    藤本安騎生
   大寒の日差畳に 石鼎忌       山中弘通
  
   芽起しの雨の木雫 石鼎忌       〃
東吉野村では、平成元年から、ふるさと創生事業の一環として「俳句の里」作りが進められてきた。これまでに多くの句碑が建立されている。(その一部)
  日の神が青嶺の平照らします    山口誓子
  あるときは一木に凝り夏の雲    原 裕
  よき淵に下りる径あり宮涼し    森田 峠
  おのづから伊勢みちとなる夏木立  桂 信子
  月の出の木にもどりたき柱達    鈴木六林男
  絶滅のかの狼を連れ歩く      三橋敏雄
  冬菊のまとふはおのがひかりのみ  水原秋桜子

私の所属結社の「運河」では三月に、東吉野の“俳句の宿”「天好園」で「句集祭」をする。一昨年は、九州の句友と「石鼎庵」まで足を伸ばした。そこは、天照寺の隣で、遺言どおり分骨され、旧居を移転し資料館になっている。句碑はその場所から川向の陰地を詠んだものだ。  
   かなしさはひともしごろの雪山家    石鼎
  季節は違うが、石鼎庵で詠んだ句を・・
  石鼎の麻着といふがかかりけり   山本洋子
  石鼎を小柄と思ふ単衣かな     井上綾子
  石鼎の碑や朴の芽の空となり    工藤泰子

 
石鼎が吉野に過ごしたのは二年に満たない。吉野にはすべてを抱き込む深い大自然があった。吉野には魅かれる何かがある。
          「写生より想像力へ」が、鹿火屋俳句の根幹となった。
   鶲(ひたき)来て色つくりたる枯木かな   石鼎(大正6年)
   雪に来て美事な鳥のだまり居る  〃 (昭和8年)
   
さて吉野ばかりが俳句の里ではない。地元の句碑も巡りたいものだ。次の「枯蓮」の句碑は津山の三鬼の生家跡に建てられた。
    枯蓮のうごく時来てみなうごく   西東三鬼   
      今年もあとわずか・・    やんぬるかな!

スポンサーサイト

Posted on 2015/11/29 Sun. 14:10 [edit]

category: やんぬるかな

TB: 0    CM: 0

29

美袋駅/みなぎ駅 

DSC_0461.jpg      DSC_0462.jpg
 「美袋」はみなぎと読むのですね!登録有形文化財の木造駅です。銀杏が黄色に色づいています。伯備線の黄色い電車が通ります。

Posted on 2015/11/12 Thu. 19:23 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

12

遥照11月号(27年) 

                         DSC_0377.jpg
      熟れ柿の入り日捕らへて放さざる    佐藤宗生
     払暁の雉子の秋声峡めざむ       花房柊林
     然りげ無く終止符打ちて桐一葉     甲斐梶朗
     円空仏の裏も正面秋気満つ       石津淡紅
     木の実独楽逆さ廻しに過去戻す    中西八千代
     丸いもの供へてありぬ月の宿      山崎靖子
     喝采の闇を広げて虫時雨        牧明子
     光源氏訪ねて来そう月の宿       古川澄子
     鰯雲好きで生涯ひとり者         田中愛
     遊びたる雲にも秋思あるごとし     森脇八重
     ここよりは各駅停車稲の花        土屋鋭喜
     草踏めば風の生まれて今朝の秋    森靖子
     秋うらら田舎暮らしも好きと言う     石井弘子
     未完なる一句に遊ぶ秋磴下       原房枝
     秋湿り大きく跨ぐ土間敷居        久戸瀬孝子
     潮の香をバケツに汲みし鯊日和    徳永保美
     火入れ待つ窯の薪割り秋気澄む    山下卓郎
     流燈の手を振るやうに闇明かり     中西登美
     前垂れを卒寿の縫ひし地蔵盆      浅野陽
     ちちろ鳴く小さき闇を深くして       工藤泰子
   
        

Posted on 2015/11/02 Mon. 20:35 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

02

やんぬるかな46 

やんぬるかな46  工藤泰子
DSC_0383.jpg

やや欠けた月も満月として詩   又吉直樹
前回は「火花」で芥川賞作家となって脚光を浴びている又吉直樹の俳句を紹介した。この句は「カキフライが無いなら来なかった せきしろX又吉直樹」という“俳句・エッセイ・写真”をコラボした本からとったものだ。
今回は集英社の「芸人と俳人」又吉直樹×堀本裕樹を手に取った。
堀本裕樹は一九七四年和歌山県生れ。「いるか句会」「たんぽぽ句会」主宰。俳人協会新人賞、北斗賞を受賞。著書に「十七音の海・ 俳句という詩にめぐり逢う」、句集「熊野曼陀羅」などがある。
この本の表紙は、白服とステッキで、まるで文豪の様な形の二人の写真である。実は、一風変わった俳句の入門書だとは、開けてみるまで判らない。「五七五の定型マスター!」、「季語に親しもう!」、「切字を武器にする!」から始まり、「選句」、「句会」、「吟行」と進んで行く。二人の異次元の掛け合い?を楽しんでいるうちに、「共感力を養う!」。「季語の豊かさに触れる!」「言葉の《技》を身につける!」など、「十七文字の 研ぎ澄まされた俳句的《ものの見方》を知ることとなり、“日常が感動にと変わってゆく!”と言う仕掛けである。
縁というのはあるもので、私の所属している結社「運河」の今年度の「同人作品の管見」が堀本裕樹氏なのである。ちなみに来年度からは、先日「遥照句会」に四国より飛び入り参加された、目下売出し中の涼野海音氏に引き継がれる。
「運河」七月号の管見の中の句評に私の拙句も・・
花衣孔雀の檻を見てゐたり  工藤泰子 
「一見なんでもないような一句にも見えるが、掲句の情景を思い浮かべてみると、なかなか佳麗な趣がある。花衣の美しさと孔雀の羽根の美しさが檻を隔てて響きあっている。花衣を着て動物園に来ていることが不思議なリアリティをもって掲句の光景を引き立てているといえよう。花衣の人はひょっとして、檻の中の孔雀に自分の姿を重ねて見ているのかもしれない。こんなに華やかに着飾っているが、自分の周りにも見えない檻がある。見えない檻とはしがらみや人間関係などの悩みかもしれない。そんな心理まで掲句から想像された。」
なんと!「やや欠けた月も満月・・又吉」ではないが、想像力で膨らますのが、俳句ワールド、詩の世界の醍醐味である。「出来過ぎジャーン!」となる。
 さて「芸人と俳人」のコラボ!
《十月》
  秋高しハウリングする拡声器  又吉直樹
   後の月手渡されたる貝の色   堀本裕樹
        ※ハウリング=遠吠え・スピーカーに雑音が生じる現象
《十一月》
  夕しぐれ幼き翁吠えにけり     直樹  
  木枯やこころの涯の一樹まで    裕樹
《十二月》
  血脈の讃美歌ひびく霜夜かな    直樹  
  革靴に鳩目の並ぶ寒さかな     裕樹

 この本の生徒!又吉はさすが芸人である。ボケとツッコミで、すいすいと俳句の世界に引きこまれてしまった。
  ジャンルは変わるが、川柳の秀句?
 誕生日ローソク吹いてたちくらみ   男性63歳
 紙とペン探してる間に句を忘れ    男性73歳
 女子会と言ってでかけるデイケアー  男性74歳
 起きたけど寝るまでとくに用もなし  男性73歳
目覚ましのベルはまだかと起きて待つ 男性71歳
忘れ物口で唱えて取りに行き     女性77歳
 目には蚊を耳には蟬を飼っている   男性67歳
 飲み代が酒から薬にかわる歳     男性72歳
 
実はこれらは「シルバー川柳」で、あまりに共感を呼ぶので一抹の寂しさが漂う。余韻が無いのが、玉に傷・・である。
そこでやはり「芸人と俳人」に戻ろう。又吉の「まえがき」が文学的である。
【又吉】「定型ってなんやろう?」「季語ってなんやろう?」「や、かな、けり、って呪文かな?」という調子で、とにかく俳句が怖かったのである。・・中略・・・それでも、なぜか俳句に対する興味は薄れることはなかった。それに、俳句に親しむことによって、今まで遠い存在だった古典文学などを読み説くヒントになるかもしれない。なにより、十七音という限られた字数の中で、あらゆる事象を無限に表現できる可能性を秘めている俳句を心底カッコ良いと思った・・・・。
 又吉は153回の芥川賞だが、74回は中上健次であった。「やんぬるかな26」では、「熊野俳句大学俳句部」の彼の文章を引用していた。
【中上】「何しろ五七五って俳句のジャンルは、ぼくらの散文の世界で言いますとね、四百字原稿用紙で一行ですよ。その一行で、例えば一行の文章、一行でね、僕らの十枚の短編とか、あるいは三百枚の中編とか、千枚の長編という物と同じジャンルで匹敵しようとする。非常に躍進的だし、生意気だし、俳句ってのは面白いジャンルですよね。そうすると素人から本当の玄人まで、一行の中に三歳の子も作れるし頭の中が図書館みたいになっている人まで五七五を作ることができるという。短いし、膨大という不思議なジャンルなんです・以下略。
彼の言う“本当の玄人”とは?
宇多喜代子の「ケンジアカデミア」の文章を引く。
【宇多】「世界一短い詩であっても物が言えるということに対し、極大な物を書く健次は素直に畏怖していた。彼は俳句の定型、切れ、省略の技法を認め、理解し、そういった俳句に感心を示した。そして『俳句のような短編を書きたい』ともかたった。健次はまた、いわゆる手練の句を見抜き、そういった作品は採らなかった。知識で俳句に入ってきたのではなく体で入って来た・・・・」   
 さて秋の夜長には、“本当の玄人”の俳句はいかがだろう。明治の俳人の句の気骨を読み解きたいものだ。
  木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ  加藤楸邨
  秋の暮山脈いづこへか帰る       山口誓子
  空は太初の青さ妻より林檎うく    中村草田男


虚子は次の句を「目前の些事をつかまえて来てそれで心持の深い句を作ることができる」と言った。
 秋風や模様のちがふ皿二つ      原 石鼎                                やんぬるかな!                     敬称略

Posted on 2015/11/02 Mon. 19:50 [edit]

category: やんぬるかな

TB: 0    CM: 0

02