04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

やんぬるかな29 

やんぬるかな29 工藤泰子
   
 でで虫の引込み思案吾もまた    田中愛
  命ある物にやさしき穀雨かな    〃

 前回は田中愛句集「桃の花」の句を取り上げ、「女性の俳句」について考える機会を得た。そこで本棚を物色していたら、岩波新書「女性俳句の世界」上野さち子著を見つけた。よく見ると亡き父が求めていた本だった。著者は山口県の人で、大正14年生まれ、田中愛さんと同世代の人だ。
帯文には「女たちの自由な魂のはばたきー近世から現代までー」とある。
あとがきによれば、「京の妙満寺の正式な俳諧会がもたれた寛永6年(1629年)から〈平成元年〉の今日まで、万華鏡を覗く思いがする。」とあるが、それが今から、25年前のことなのだ。
最初の女性俳人出現は、貞門最初の「光貞妻」(美津)で伊勢小町と喧伝していた。
梅が枝はわが花笠や春の雨   美津
 談林時代にはほとんど現れず、蕉風時代の園女(そのめ)が初めてのプロの女性俳人と言える。芭蕉の腹くだしは、園女亭で茸を過食という通説で有名?またそのころ遊女の諸芸として秀作があったらしい。
まずは近世の5人
 田捨女―丹波に生まれた清冽な魂―寛永
   雪の朝二の字二の字の下駄のあと  
   いざ摘まむ若菜もらすな籠の内  
 斯波園女ー才と気骨のプロ俳人ー 寛文
   駒どりの声ころびけり岩の上    
   ゆづり葉の茎も紅粉さす旦哉     
 千代女ー北国に生きた柔艶の女性―元禄
   落鮎や日に日に水のおそろしき   
   朝顔に釣瓶とられてもらひ水     
   百生や蔓一すじの心より       
 榎本星布ー近代的感覚の詩性と孤愁ー享保
   散花の下にめでたき髑髏かな  
   雉子羽うつて琴の緒きれし夕哉  
 田上菊舎ー瀟洒・闊達の文人尼ー 宝暦
   山門を出れば日本ぞ茶摘唄    
   塵取に仏生ありや花の陰     
  

ところで我が家に明治25年に出版された、歳時記がある。校正及び発行者は大阪市の鈴木常松
「曲亭馬琴翁?輯」で「増補改正・俳諧歳時記栞草 春夏」「同・ 秋冬雑」の二冊である。
たとえば「早苗月」を見ると「五月に農人方に苗を挿む。故に早苗月と云、今畧ひて早月ト云」

 紙も字体も印刷も古すぎて読むのが困難だが、先祖が俳句をたしなんでいたことをうれしく思った。表紙は色刷りで“芭蕉の葉と花”とてもお洒落だ。
 
  さて以下は明治生まれの女性俳人である。
竹下しづの女ー強靭な意志と知の人ー
     明治20年~昭和26年  65歳
   短夜や乳ぜり泣く児を須可捨焉乎(すてつちまおか)
 大正8・9年に「男女の機会均等・男女の協力」を目指しての啓蒙運動がおこったころだ・・。
 この句の「捨てっちまおか」の口語表現と漢語表記は効果的で当時はかなり驚かれた。
   日を追はぬ大向日葵となりにけり
   鮓おすや貧窮問答口(くち)吟(ずさ)み
   緑陰や矢を獲ては鳴る白き的
   扶助料といふ紙幣得ぬ百合買はな

 杉田久女ー端正・優艶のナルシシズムー
明治23年~昭和21年  57歳
   花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ
「花を見てきた甘い疲れぎみもあって、その動作の印象と、複雑な色彩美を耽美的に大胆に云ひ放つ・・」この句を虚子は「女の句として男子の模倣を許さぬ特別の位置に立つ」と称賛した。
   東風吹くや耳現はるゝうなゐ髪
   足袋つぐやノラともならず教師妻
   谺して山ほととぎすほしいまゝ
   鶴舞ふや日は金色の雲を得て
   蝶追うて春山深く迷ひけり
 (昭和12年、虚子より突如、「ほととぎす」同人を除籍

橋本多佳子ーはげしい気息と感性の才媛  
   明治32年~昭和38年  65歳
 建築家の夫と移り住んだ福岡県遠賀郡中原村(現北九州市戸畑区)の瀟洒な櫓山荘は文化サロンとして有名!北原白秋、野口雨情、中山晋平を顧問に講演会が開かれた。
   月光にいのち死にゆくひとと寝る(ぬる)
   いなびかり北よりすれば北を見る
  寒月に焚火ひとひらづづのぼる
  乳母車夏の怒涛によこむきに
  雪はげし抱かれて息のつまりしごと
  仏母(ぶつも)たりとも女人は悲し灌仏会
 三橋鷹女ー幽玄・華麗な老年を描くー
  明治32年~昭和47年   72歳
   四T(汀女、立子、多佳子、鷹女)の一人
       与謝野晶子・若山牧水に(短歌)原石鼎に俳句
   夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり
   女の香のわが香をきいてゐる涅槃 
   秋風や水より淡き魚のひれ
   白露や死んでゆく日も帯締めて
       富沢赤黄男主宰「薔薇」入会・高柳重信 前衛俳句
   向日葵を斬って捨つるに刃物磨ぐ
   落日の鯛が鯛搏つ浪の間
 

中村汀女―豊潤な母性とこまやかな日常諷詠―
       明治33年~昭和63年 88最 虚子に師事
   月に刃物動かし烏賊を洗ふ湖 
   さみだれや船がおくるる電話など
   新涼の手拭浮けぬ洗面器
   おいて来し子ほどに遠き蝉のあり
   秋雨の瓦斯が飛びつく燐寸かな
   外にも出よ触るるばかりに春の月
   やはらかに金魚は網にさからひぬ
   花落とし終へし椿の男ぶり 

石橋秀野―凄絶のいのちをうたうー
        明治42年~昭和22年   39歳    
 文化学院で、与謝野晶子に和歌、虚子に俳句、折口信夫の源氏物語講義を受ける。
 石橋貞吉(山本健吉)と結婚!横光利一の十日会句会に参加(石田波郷、中村草田男)
    木犀にとほき潮のみちにけり
   その子いま蜜柑投ぐるよ何を言はん(安見子)
   火のやうな月の出花火打ち終る
   蝉時雨子は担送車に追ひつけず

細見綾子―生涯を貫く無礙の詩心ー
      明治40年~平成9年  90歳
     夫をなくし、自身も肋膜炎で故郷兵庫県氷上郡で療養・・俳句を医師に勧められ松瀬青々の「倦鳥」に投句
   菜の花がしあはせさうに黄色して
   野の花にまじるさびしさ吾亦紅
   ふだん着でふだんの心桃の花 
   桃の花吾は黙つて日を愛す
   冬薔薇日の金色を分ちくるゝ
        沢木欣一と結婚  四十一歳
    見得るだけの鶏頭の紅うべなへり
   女身仏に春剥落のつづきをり
   月光仏春のまなこを閉ぢたまふ
 「自然から存問される恩恵の深さははかり知ることはできません」と句集「存問」のあとがきにある!
  「俳句は存問」と言った虚子門下ではないが・・

そら豆はまことに青き味したり   綾子
つばめつばめ泥が好きなる燕かな   〃
 
    
      そら豆のまことの味を頂こう。
        やんぬるかな!
  
 
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/17 Sat. 09:30 [edit]

category: やんぬるかな

TB: 1    CM: 0

17

円通寺 

P1120370.jpgP1120356.jpg
      
 「岩のよろしさも良寛様のおもひで」 山頭火
「形見とて何かのこさむ春は花
   夏ほととぎす 秋はもみじ葉」
        良寛辞世の歌 赤松月船 筆
 

 「良寛さんさくらんぼうがうれました」  谷口古杏 

 「病めば蒲団のそと冬海の青きを覚え 」 中塚一碧楼

Posted on 2014/05/03 Sat. 15:17 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

03

遥照5月号 

               071.jpg

  雨あとの浅黄にけぶる芽吹き山    佐藤宗生
  翅たたみ初蝶祈る被災の地      花房柊林
  芽起しの雨に筧の走り水       中西八千代
  大木の古巣かかえし木の芽晴     田中愛
  木の芽風走る新聞少年像       石津淡紅
  未来図を抱えて木の芽生まれけり   井上和子
  田の神のうす目をあける菜種梅雨   牧明子
  蒼天に枝伸び切りて銀杏の芽     古川澄子
  春昼の街に声あぐ選挙カー      川崎照女
  山あひの一級河川春の水       森脇八重
  仏塔の十二支めぐる花かがり     森靖子
  花越しの島は眼下に造船所      原房江
  菜畑は一面黄色天までも       山下卓郎
  長閑さや水戸黄門の高笑い      土屋鋭喜
  横断の黄旗がゆれる新学期      久戸瀬孝子
  手作りのこんにゃく足して木の芽和  柚木寿代
  青き踏む新聞に載る投句かな     中西富子
  花エリカ異国の古城偲ぶかな     浅野陽
  袈裟の中覗いてみたき座禅草     工藤泰子
  

Posted on 2014/05/03 Sat. 14:56 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

03