10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照11月号2017 

               DSC_1866.jpg
父母も見たこの里山の黄落期    佐藤宗生
色づきし稲の倒伏台風禍       花房柊林
すれ違ふ人に水の香月今宵     石津淡紅
身のすくむ呪縛解けよと蚯蚓鳴く  中西八千代 
風流に度を越す虫の時雨かな    牧明子
ちちろ虫明日の米をとぎ上げて    竹地恵美
稲雀風の形に逃げにけり        山崎靖子 
井戸水の掌に円やかや秋の声     古川澄子    
きざはしや楚々と白花曼珠沙華    森脇八重
金木犀今は農婦の掌となりぬ     原房枝
毬栗の転げ落つるや獣道        森靖子
邑人の集ふて秋の祭り唄        大野雅子
秋気満つ古刹にありし座禅堂     山下和子
名月に夕餉の場所を移しけり     大室瀧子
重陽や言葉を紡ぐ句座に酔ふ     徳永保美
母に買う大人の塗り絵いわし雲    土屋鋭喜
末枯れの雨が滴に大師堂       山下卓郎
雨粒を受けて色濃く白式部      石井弘子
コスモスの波取り戻す干拓地     浅野陽
多きこと子には望ます衣被      南みどり
ままごとのキッチンセット赤まんま  工藤泰子
スポンサーサイト

Posted on 2017/11/09 Thu. 17:43 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

09

遥照・共鳴句  by海音 


DSC_0271.jpg
涼野海音さんのブログ「俳句魂」に共鳴句を挙げていただきました。 

夢あらば君も抜くべしラムネ玉 佐藤宗生
 

草市の玩具のやうな物ばかり 工藤泰子

 大匙に顔のゆがんでいる晩夏 山崎靖子

Posted on 2017/10/06 Fri. 16:55 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

06

遥照10月号2017 

                DSC_0293.jpg
夢あらば君も抜くべしラムネ玉    佐藤宗生
虫の夜闇に濃淡生まれけり      花房柊林
マスカット一粒毎に水弾く        甲斐梶朗
盆花のバケツにあふれ通し土間    石津淡紅
山鳩のくぐもり鳴ける霧襖        中西八千代
細々と句の道長し曼珠沙華       牧明子
大家族でありし虫の夜思ひけり     山崎靖子
先達はきちきちばった畦の道      竹地恵美
外つ国の吾子にもあるや虫の夜    古川澄子
筆の穂の渇き切つたる秋旱       森脇八重
草市に白石膏の赤青黄         土屋鋭喜
山坂を吾も幾たびこぼれ萩       原房枝
老杉を抱きて山の滴れる        久戸瀬孝子
新蕎麦を打つ人達の声高し      森靖子
むらさきは妣が好みの野菊なり    大野雅子
秋夕焼け肩に鍬持つ夫も染め     山下和子
畦草に混ぢる野菊に惹かれけり    大室瀧子
山畑の風を味方に紫苑咲く       石井弘子
陽のあたる椅子一人占め猫の秋   徳永保美
西鶴忌都会を穿つ水路ゆく      山下卓郎 
熱帯夜秒針の音重きこと        浅野陽 
軽トラの草市となる広場かな      南みどり
細波も怒涛もありて蟬時雨      工藤泰子

Posted on 2017/10/06 Fri. 16:35 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

06

遥照9月号2017 

                  DSC_2748.jpg
桐一葉なにか書かねば残さねば    佐藤宗生
懐に花穂を抱きて青芒           甲斐梶朗
乾杯のグラスに月涼しめり        川崎照女
ほんにまあ続くお喋りソーダ水      花房柊林
どかどかと帰りゆく背の踊笠        石津淡紅
蜩の八雲旧居の庭かげり         中西八千代
大匙に顔の歪んでいる晩夏        山崎靖子
白南風や音探り吹くハーモニカ      竹地恵美
白南風や竿売りの声行き過ぎぬ     牧明子
地には地の人間模様雲の峰        森脇八重
左手で一合の米夏厨            古川澄子
昼月の見ゆる野に飛ぶ茅萱の穂     森靖子
ふるさとは五右衛門風呂と蟬と母    土屋鋭喜
早朝のかぼちゃの花の大合奏      原房枝
合歓の花母となりても母恋し       久戸瀬孝子
白南風やペタルが歌うかろやかに    徳永保美
長ぐつの道草してる梅雨晴間       山下和子
虹立て泰平の世の橋となれ       大室瀧子
銀輪と白南風大橋渡りゆく        大野雅子
安泰に暮らせる日々や月涼し      石井弘子
通り雨泰山木の花清し          山下卓郎
梅雨の憂さ晴らす将棋の快挙かな    浅野陽
腰の辺の窪みし父の籐寝椅子      南みどり
泰然と見えて詮無き端居かな       工藤泰子

Posted on 2017/09/07 Thu. 10:09 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

07

遥照8月号2017 

                     DSC_0461.jpg
源流として一山の滴れる        佐藤宗生
誘惑の雨にでで虫角を出す      花房柊林
湖の風捉へて傾ぐ花菖蒲        甲斐梶朗
花桐やかつてお籠のゆきし坂      石津淡紅
桐の花箪笥の底に妣のふみ       中西八千代
朝風に弁の達者な行々子        牧明子
日輪のひねもす黄なり霾の峡      竹地恵美
汚れ無き白一面の花菖蒲        山崎靖子
昼月に見つめられつつ袋掛       古川澄子
凌霄の花ほろほろと言葉めく      森脇八重
干し竿に風の野良着や半夏生      原房枝
写生する葉付きの枇杷の毛むくじゃら  森靖子
母と子の影を見送る大夕焼        大野雅子
うどんげや泰平の世へ願いこめ      大室滝子
窓越しの照り身におよぶ夏盛り     山下和子
半夏生猫の個展に一目ぼれ       長畦恭子
今日ここと決めて断捨離梅雨ごもり    石井弘子
あんな日もこんな日もあり立葵     藤沢絹子 
炎天に気をつけしたるシャツ干さる   虫明有菜
山間いの トンネルぬけて星明り    徳永保美
とほい日の下駄ある暮らし桐の花   久戸瀬孝子
学校に慣れて蓬は木となれり      土屋鋭喜
海の日に辿る航跡空母加賀       山下卓郎
猫の手は借らずともよし田植かな    浅野陽
ひとまはり若くなりたる夏帽子      南みどり  
海の日やビギンの唄を口ずさみ     工藤泰子

Posted on 2017/08/04 Fri. 07:54 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

04