09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

空海が行く

俳句 猫 庭 のこと

遥照・共鳴句  by海音 


DSC_0271.jpg
涼野海音さんのブログ「俳句魂」に共鳴句を挙げていただきました。 

夢あらば君も抜くべしラムネ玉 佐藤宗生
 

草市の玩具のやうな物ばかり 工藤泰子

 大匙に顔のゆがんでいる晩夏 山崎靖子
スポンサーサイト

Posted on 2017/10/06 Fri. 16:55 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

06

遥照10月号2017 

                DSC_0293.jpg
夢あらば君も抜くべしラムネ玉    佐藤宗生
虫の夜闇に濃淡生まれけり      花房柊林
マスカット一粒毎に水弾く        甲斐梶朗
盆花のバケツにあふれ通し土間    石津淡紅
山鳩のくぐもり鳴ける霧襖        中西八千代
細々と句の道長し曼珠沙華       牧明子
大家族でありし虫の夜思ひけり     山崎靖子
先達はきちきちばった畦の道      竹地恵美
外つ国の吾子にもあるや虫の夜    古川澄子
筆の穂の渇き切つたる秋旱       森脇八重
草市に白石膏の赤青黄         土屋鋭喜
山坂を吾も幾たびこぼれ萩       原房枝
老杉を抱きて山の滴れる        久戸瀬孝子
新蕎麦を打つ人達の声高し      森靖子
むらさきは妣が好みの野菊なり    大野雅子
秋夕焼け肩に鍬持つ夫も染め     山下和子
畦草に混ぢる野菊に惹かれけり    大室瀧子
山畑の風を味方に紫苑咲く       石井弘子
陽のあたる椅子一人占め猫の秋   徳永保美
西鶴忌都会を穿つ水路ゆく      山下卓郎 
熱帯夜秒針の音重きこと        浅野陽 
軽トラの草市となる広場かな      南みどり
細波も怒涛もありて蟬時雨      工藤泰子

Posted on 2017/10/06 Fri. 16:35 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

06

やんぬるかな69 

やんぬるかな69  子供俳句
前回は、金子敦さんの五つの句集「猫」「砂糖壺」「冬夕焼」「乗船券」「音譜」を紹介した。さすが、カラオケ名人!絶対音感のある句集だ。
月を見るひとりは猫を見てをりぬ   金子敦
つぶあん派こしあん派ゐて月を待つ   〃

スイーツ王子らしい、好みも句になる。ちなみに王子はこしあん派だそうだ。
カネコさんと言うとネコ!月よりも猫が主役だ。
猫の尾のしなやかに月打ちにけり 金子 敦
秋の影ときをり猫の尾が動き   檜尾とき魚
 さて、「月」は秋の季語である。大気が澄み切って一番きれいに見えるからだ。月は地球をめぐる衛星で、27・3日で地球を一周し、太陽と地球の相対的な位置関係で満ち欠けをする。新月の月齢は0・0、満月はほぼ14・8である。
【月】新月・繊月・二日月・三日月・上弦の月・十日夜月・ 十三夜月・ 小望月・満月・ 十六夜・ 立待月・居待月・ 寝待月・臥待月・更待月・下弦の月・有明月・三十日月・・・
  月天心貧しき町を通りけり     蕪村
  こんなよい月を一人で見て寝る   尾崎放哉
  月光のつきぬけてくる樹の匂い   桂信子
  土笛を吹いて風土記の月迎ふ    菊元直也

【十五夜】旧暦八月十五日の満月の夜、良夜といい、秋の月の中でも特に美しい。名月、今日の月
  けふの月長いすすきを活けにけり  阿波野青畝
  迷ひ来し猫を良夜にかへしけり   菊元虹雨

【無月】名月が雲におおわれて見えない、雨だと雨月
  草踏んで獣通りし無月かな     廣瀬直人
【十六夜】旧暦八月一六日の夜、または月のこと
  十六夜湖のかぎりをさざなみす   野沢節子
  十六夜の出先へかかる電話かな  鈴木真砂女

【十三夜】旧暦九月十三日の夜で、名月の一か月後なので、後の月と言う。栗名月、豆名月とも呼ばれる
  くくくくと鳥昇りゆく後の月     石寒太
  
秋はまた文化の月、10月には、第15回岡山県民文化祭の地域フェスティバル「あさくち文化祭」が、開かれる。
浅口市は、平成18年、金光町、鴨方町、寄島町が合併して誕生した。「キラリと光る未来そうぞうワクワク都市」を目指している。市の木が「桜」、魚は「牡蠣(かき)」、星は「シリウス」とは、最近知った。浅口市健康福祉センターの多目的ホールの名前が「シリウス」なので、不思議に思っていたが、全天の中でも一番明るい「シリウス」を名乗るのは、この町が、天文台の町だから当然ではあった。
余談だが、俳句では、山口誓子が西東三鬼・橋本多佳子らと創刊した「天狼」はシリウスのことだ。
  墳山(つかやま)の天狼父にまぎれなし   角川春樹
 合併して出来た市だから、文化祭の会場も鴨方、金光、寄島に分散される。【浅口市総合文化祭―文化がまちに出る!地域いきいきプロジェクトin浅口―】
今年度の浅口市俳句大会は、14日に、他に先駆けて金光の会場で開催される。展示は書道、絵画、水墨画、陶芸、生け花、写真などの傑作、力作が3つの会場で21日から発表される。バラバラの会場を巡ってもらう為なのか、子供のスタンプラリーが目玉企画だ。“才能発見の旅に出よう!”の掛け声で「こども体験コーナー」を設け、参加賞の図書カードは、2つ以上の会場で、2つ以上のスタンプを集め、アンケート2問に答えるとゲットできる。
我ら「遥照」でも、21日(鴨方)、28日(寄島)で、コーナーを開設するので、是非遊びに来て欲しい。
いざ「俳句」を説明するとなると、なかなか難しい。
【ルールは「五・七・五」の十七音で「季語」が一つ入っている。】だが、季語は旧暦なので、馴染みにくい。とりあえず「歳時記」の中から、分野別に分りやすくピックアップする必要があろう。
今回、ネットで富山大学付属小学校教諭・前田正秀さんの記事「小学生の俳句がおもしろい!」を見つけたので、少し紹介したい。
俳句の魅力、俳句の指導などの項目も為になるが、“リズムを味わう”“俳句を音読する!”ことの指摘がなかなか新しいと思ったので、見てみよう。     
【俳句には、自然に体でリズムを感じたくなる心地よいリズムがあるのである。俳句の七五調のリズムを、音楽でいう「8(エイト)ビート」だと捉え、体感する。】

 【例えば、「古池や蛙飛び込む水の音」 を音読する。大抵の人は「古池や」と言った後、無意識のうちに3泊の休符を入れるのではないだろうか。
 5文字と3拍の休符で、合わせて8ビート。この8ビートのリズムが、日本人にぴったり合うのである。だから、私は子供に指導する際、多少の字余りや字足らずにこだわらない。】
「分かる」のと「できる」のは違う。「自分だけの発見」のある俳句をと、試行錯誤して、穴埋め問題で遊ぶ時間を設けたそうだ。
    そこで問題Q
(     )くるりとパーマをかけている
( )の中に言葉を入れてみる。
「お父さん」「お母さん」と入れるようでは30点。
当たり前でつまらない。ライオンが などと動物を入れるようなら80点。ちなみに、この俳句は、全国学生俳句大会の入賞作品で、( )の中に入っていた言葉は、「ブロッコリー」である。クラスで出てきた傑作の答えは、「わらびがね」だったそうだ。
   さて、次の問題Q  子供の感性に脱帽する答は・・・(後ろ)
①雪だるま(     )をつけてお友だち
②秋の夜(     ) 笛をふく
③夏休み たいくつそうな(     ) 
④先生になりたがる(     )夏休み
⑤かしわもち 弟三つ 姉(     )
正解例①名前②しょうじの穴③ランドセル④母⑤一つ
 そこで、前田先生の真似をして、秋の果物の名句クイズを作ってみた。イ~ホより選択
①(  )くへば鐘が鳴るなり法隆寺  正岡子規
②星空へ店より(  )あふれをり   橋本多佳子
③(  )食ふ一語一語の如くにて   中村草田男
④海に会えばたちまち青き( )剥きたり 金子兜太
⑤父といふしづけさにゐて( )割る  上田五千石
  イ梨 ロ胡桃 ハ林檎 ニ柿 ホ葡萄  
 
  父がつけしわが名立子や月を仰ぐ  星野立子
  たのしさや草の錦といふ言葉    〃
  子の摘める秋七草の茎短か     〃
   
 星野立子は、高濱虚子の次女、初の女性主宰誌「玉藻」を創刊・ 主宰した。自由な発想が魅力だ。
子供の心で柔軟に俳句を楽しみたいものだ。
                やんぬるかな!

 

Posted on 2017/09/21 Thu. 09:46 [edit]

category: やんぬるかな

TB: 0    CM: 0

21

八千草20周年記念号 

DSC_2812.jpg       DSC_2811.jpg
「八千草」の創刊20周年記念祝賀会・特集号!
お祝いのメーセージを送らせてもらいました。

Posted on 2017/09/10 Sun. 08:27 [edit]

category: 俳句

TB: 0    CM: 0

10

遥照9月号2017 

                  DSC_2748.jpg
桐一葉なにか書かねば残さねば    佐藤宗生
懐に花穂を抱きて青芒           甲斐梶朗
乾杯のグラスに月涼しめり        川崎照女
ほんにまあ続くお喋りソーダ水      花房柊林
どかどかと帰りゆく背の踊笠        石津淡紅
蜩の八雲旧居の庭かげり         中西八千代
大匙に顔の歪んでいる晩夏        山崎靖子
白南風や音探り吹くハーモニカ      竹地恵美
白南風や竿売りの声行き過ぎぬ     牧明子
地には地の人間模様雲の峰        森脇八重
左手で一合の米夏厨            古川澄子
昼月の見ゆる野に飛ぶ茅萱の穂     森靖子
ふるさとは五右衛門風呂と蟬と母    土屋鋭喜
早朝のかぼちゃの花の大合奏      原房枝
合歓の花母となりても母恋し       久戸瀬孝子
白南風やペタルが歌うかろやかに    徳永保美
長ぐつの道草してる梅雨晴間       山下和子
虹立て泰平の世の橋となれ       大室瀧子
銀輪と白南風大橋渡りゆく        大野雅子
安泰に暮らせる日々や月涼し      石井弘子
通り雨泰山木の花清し          山下卓郎
梅雨の憂さ晴らす将棋の快挙かな    浅野陽
腰の辺の窪みし父の籐寝椅子      南みどり
泰然と見えて詮無き端居かな       工藤泰子

Posted on 2017/09/07 Thu. 10:09 [edit]

category: 遙照

TB: 0    CM: 0

07